歴と節分

節分の季節です。節分と聞くと「恵方膜」恵方の方角で寿司を食べると縁起が良いと言われ寿司を食べる習慣となっています。寿司を食べて縁起がよくなると良いですね。恵方とは陰陽道において良い方角が恵方といわれます。

古来から方角の良い、悪いは陰陽師たちで占われ「源氏物語」では「方違い(かたちがい)」と言われて、女性の館に行く方角が決められ通っていることが書かれています。(平安時代は妻問い婚と言う男性が女性の館に通う制度でした)

現代社会では、日々の行動を占いで決めることは亡くなりましたが、家を建てる時などでは方角や占いで決めれる人もあるようです。

“歴と節分” の続きを読む