甘酒は美味しい!心と体を温める甘酒の作り方

甘酒の作りは二種類あります

甘酒は美味しいものです。

甘酒はお酒が入っているので飲めないという人もいます。甘酒づくりには①麹から作るものと②酒の粕から作るものとがあります。

お酒がいやで飲めないと言う人は酒の粕を溶いて作る甘酒で、絞りかたで酒が多く残る酒粕もあります。

酒粕

酒粕も美味しくて大変栄養価の高いもので野菜や魚の粕漬けかす汁など料理にも良く使われるものです。

“甘酒は美味しい!心と体を温める甘酒の作り方” の続きを読む

アコンカグアと三浦雄一郎の挑戦

やるだけやる限界まで挑戦

アコンガグア登山に挑戦していた三浦雄一郎氏がドクターストップで登頂を断念されたと言いうニュースが入りました。

86歳の年齢で日々トレーニングに励み挑戦される姿は感動しますね。私たちは80歳を越えてまで心身を鍛えることが出来るのだろうかと思います。三浦さんだからできたことだろうなどと言う方もいますが、三浦さんも特殊な体の持ち主でなく日々の努力の積み重ねで体と心を持ち続け挑戦ができたことだろうと思います。

評論は色々あるかもしれませんが、「素晴らしい」の一言だと思います。

どのような報道がされるのか気になりましたので少し色々な報道を見ることにしましたが、登頂断念の決断はつらかっただろうとか医師の判断に従ったのは素晴らしい決断だったと言うよう内容が多かったようです。

「やるだけやる限界まで挑戦する」こんな考え方で挑戦する方が少なくなってきたように感じています。

“アコンカグアと三浦雄一郎の挑戦” の続きを読む

チョコレートとバレンタイン

バレンタインとチョコレート

バレンタインデーと言えばチョコレートですね。一番チョコレートが食べられる時期と言われます。

バレンタインがちかづくと色々なチョコレートが店頭に並び、どれを選べば良いのか迷います。魚や靴やハイヒールなどの形をしたチョコレートもあります。価格もお手頃価格から少し高めのものなどがあります。種類が多いので好みに応じて選ぶことができます。

バレンタインチョコ人気ランキング(2019年)

が人気なようです。若い人たちは手作りでつくられプレゼントされる方少なからずもあるですね。

チョコレートの手作りレシピ

手作りをするとチョコレートに気持ちも入りこみます。同ように作ったものでも不思議に味が変わるものです。人の気持ち一瞬で変わることもあるものです。手作りチョコレートで運命が変わるかもしれませんね。

しかし改めてチョコレートとは何かと聞かれればわからないことも多いですね。チョコレートの故郷を知ることで日常的に何気なしに食べているものに深みが生まれるかもしれません。

チョコレートと聞くと甘みとほろ苦さ?かなと思いますが、どんな言葉で現わし方をしますか。

  コニャックの味わい・Bacchus

かなり以前からある「Bacchus」・チョコレートですが休憩時間に食べています。疲れがとれ、モチベーションがあがりますね。チョコレートは疲れをとる効果がありそうです。

“チョコレートとバレンタイン” の続きを読む

酒の旬と味わい

造り酒屋

「造り酒屋」「酒蔵」などを聞くと歴史ある酒蔵を思い浮かべ飲んで見たい思います。こうした造り酒屋の作り立ての酒はすごくおいしいものが多いですね。美味しいお酒に出会うためにはツアーがいいかも知れません。

現代では試飲ができる造り酒屋さんが多いです。造り酒屋巡りもいいものだと思っています。

 京都府伊根町の向井酒造

さて、日本酒の美味しい季節ですね。酒は旬の食とも合うものですね。酒と肴は切り離すことのできないものです。酒とは何なのか「日本の酒」が岩波文庫にありましたので読んでみることにしました。卑弥呼から現代までお酒の旅です。

“酒の旬と味わい” の続きを読む

歴と節分

節分の季節です。節分と聞くと「恵方膜」恵方の方角で寿司を食べると縁起が良いと言われ寿司を食べる習慣となっています。寿司を食べて縁起がよくなると良いですね。恵方とは陰陽道において良い方角が恵方といわれます。

古来から方角の良い、悪いは陰陽師たちで占われ「源氏物語」では「方違い(かたちがい)」と言われて、女性の館に行く方角が決められ通っていることが書かれています。(平安時代は妻問い婚と言う男性が女性の館に通う制度でした)

現代社会では、日々の行動を占いで決めることは亡くなりましたが、家を建てる時などでは方角や占いで決めれる人もあるようです。

“歴と節分” の続きを読む