孤独を楽しむ暮らし

極上の孤独を知る

「孤独」とは何でしょう。「孤独のグルメ」は久住昌之、作画・谷口ジローによる漫画でドラマとなりますが、面白いドラマですね。こんな生活をして見たいものだと思います。ここには孤独への憧れがあるように思います。

「孤独」につい語られることが多くなったような気がします。孤独について書かれている本は多いようです。五木寛之さんも人生の後半の孤独について書かれていますが、下重暁子さんの自分の生活スタイルから書かれた「極上の孤独」が読みやすく読んで見ることにしました。

なぜ「孤独」に関心を持ったかと言えば私の周辺には男女とも独身の方が多いですし、親戚でも高齢者の一人住まいも多いですね。そんな中でその人たちは本当に孤独なのだろうかと疑問に思うことがありました。孤独を求めている人もあるだろうと思います。

友達がいないと辛いと思う方も多いと思います。

孤独は人によってとらえ方の違いがあるようです。孤独とは寂しいと考える方と孤高というような高い生き方に憧れを持つ方もあるようです。

「孤独」は良く組織やグループのリーダーは「孤独」だと言われることがありますね。そこには孤独と孤独ではない境目が潜んでいるように思います。

下重暁子さんの「極上の孤独」を読んでいて気付いたことがあります。孤独を好まない人と孤独を好む人とがあるようです。孤独を好まない人は他人から自分はどのように見られているのだろうかと絶えず気にしながら人との関係を考えるようです。聖徳太子の言葉に「和を似って貴しとなす」がみんな仲良く、いさかいを起こさないのが良いことであるることが良いこととされています。

この二つだけでなく孤独を考えない。感じない。ということもありますね。自分の生き方や目的で自然に一人となる場合、一人でしなくてはならない場合もあると思います。絵描きさんや作家、スポーツ選手など何かを求める職業の人たちがそれにあたると思います。その人たちは孤独を感じているかと言えば感じていないと思います。

以前、厳冬期の冬山にテント泊をしながら単独で良く登ったことがあります。まったく人と出会わないこともありましたが、孤独とは感じませんでした。目的があれば孤独は感じないと思いますね。孤独を楽しんでいたようにも思います。

“孤独を楽しむ暮らし” の続きを読む

ギフトと贈り物と貨幣ちは何・贈答のルーツ

「ギフト」とは何なのでしょうか

この季節、お歳暮など贈りものがよくある時期です。親戚からリンゴとみかんの詰め合わせが贈られてきました。早速、リンゴのパイを作ろうか考えとていますが、うれしいギフトですね。

クリスマスやお正月などギフトが多くなる季節となってきました。クリスマスが近づいたことから、クリスマスのパンの「シュトーレン」を焼き、友人やお世話になっている人にプレゼントしています。

 クリスマスのパン シュトーレン

私たちは日ごろ贈りものをいただいたり、贈ったりしています。贈り物とは何なのでしょうか。贈る、贈られることは簡単でありますが、意味深いことだと思います。

“ギフトと贈り物と貨幣ちは何・贈答のルーツ” の続きを読む

京都北部の神社・初詣は神々との対話

《初詣の旅は大江山の神社へ≫

雲海の大江山と鬼嶽稲荷神社へ

神社は森に囲まれた中にありますが、山深い山中にある神社に行くと汚れた日頃の考え方が洗い流され新な気持ちがわいてくるものです。

 大江山 鬼嶽稲荷神

京都北部の鬼伝説の大江山の山中に鬼嶽稲荷神社がありますが、ここからの眺めは良く雲海撮影の場所となっています。神社参拝と雲海撮影、御来光もいいものです。ご来光を仰ぎたいと思う心は神道でもあり、太陽信仰という私たちの中に流れるDNAのなせることかもしれませんね。

降雪をしていなければここまで車で行くことができます。駐車できるスペースは多くありません。

 大江山の雲海

 

 鬼嶽稲荷神社

“京都北部の神社・初詣は神々との対話” の続きを読む

手作り私のお菓子とクリスマス・シュトーレン

クリスマスに手作りお菓子を考えられていませんか?

クリスマスにシュトーレンを作って見ましょう。シュトーレンは何か難しく考えられる方もあるかと思いますが難しく考えないでまずは作って見ることです。

シュトーレンとは、ドイツでクリスマスに作られているお菓子で山に積もった雪を思わせるパンです。近年日本でもクリスマスの時期に良く食べられるようになってきましたね。

 

“手作り私のお菓子とクリスマス・シュトーレン” の続きを読む

  高齢化社会と 源氏物語 四十一帖 幻(まぼろし)・雲隠・・・あらすじ

源氏物語を41帖まで読み進めると源氏物語が現在の私たちの暮らしや生き方と共通するところが多くあるように思います。

人の一生は長いようで、短いものです。源氏の年齢は52歳、明石の君は43歳、明石の中宮は24歳、匂宮は6歳、薫5歳、夕霧31歳となっています。最愛の明石の君を亡く悲しみは強まるばかりです。春になり、源氏は出家をしようとする思いを一層募らせるようになっています。

“  高齢化社会と 源氏物語 四十一帖 幻(まぼろし)・雲隠・・・あらすじ” の続きを読む

MBS毎日・教えてもらう前と後 鯖缶、イワシ缶など缶詰を考える

缶詰は素晴らしい

缶詰を見直します。優れた健康的な食品でもあり、おいしさが閉じ込められた食品でもありますね。

「教えてもらう前と後」を見ていてそんなことを思いました。鯖缶詰めや、イワシの缶詰は健康的に良い食品で、尚美味しいものです。しかし、少し料理としては質の低いものとして見ていませんでしたか?

缶詰で作った料理はどちらかと言えば手抜き料理と考えていませんか。缶詰を使ったものは決して手抜きではなく、缶詰めは優れた食品として見ると料理もまた違ったものに見えてきますね。
“MBS毎日・教えてもらう前と後 鯖缶、イワシ缶など缶詰を考える” の続きを読む