西郷どんと西郷星

「西郷どん」はいよいよ西南戦争に向かって動きはじめます。

そもそも西南戦争とはどのような戦いだったのでしょうか?

西郷隆盛没した西南戦争後に大きな輝きを持った星が現れたと言います。人々はその星のことを「西郷星」と呼んだと言います。

(西郷星錦絵)

この「西郷星」と言われるものは、この年、火星の大接近の年であり、当時は天文学も知られていない時代で、異様に明るく輝く光も中に陸軍大将の正装をした西郷隆盛の姿を見たという噂が広がり、「西郷星」として錦絵が何枚も売りだされたと言います。

このように西郷隆盛は多くの人に慕われる存在だっことが、このことをとってみても伺えます。

“西郷どんと西郷星” の続きを読む