豆腐の贈り物・美しくなる食べ物

豆腐の世界

豆腐とは何なのでしょうか。湯豆腐、鍋や味噌汁、冷奴などで料理で食べられることが多いと思いますが、豆腐の種類が、木綿豆腐、絹ごし豆腐、焼き豆腐などに加えて、鍋用、ゆず入り豆腐など沢山の種類がありますね。豆腐はケーキなどお菓子材料としても使われることがあります。

現在は豆腐は色々な商品が生まれています。豆腐は中国から入ったものですが、日本固有の豆腐として広がっています。健康的な食品で美容効果もあると言われています。

“豆腐の贈り物・美しくなる食べ物” の続きを読む

中谷美紀の教養と魅力・手書きの手紙は感動する

(中谷美紀さん)

中谷美紀さんがドイツ人のビオラ奏者で二年に渡る遠距離恋愛のご結婚ということで直筆で結婚報告のコメントが寄せられていますが、達筆ということでネット界を賑わしているようです。この筆跡で性格の分析がされているところもありますが知性的な人物との結果となっているようです。

中谷さんの手書きの文書は書いているところの内容によって字の大きさを変えるなど色々なところに心使いがあるようです。達筆すぎて読めないという方もあるようですが、手書き文書になれない方もあるように思います。中谷さんの手書き文書は見ていて何か心が和やかになったように感じますね。

(中谷美紀の手紙)

子供の結婚式で、子供のお友達のと言う、女性の方から結婚式の打ち合わせの案内を手書きいただいたことがありましたが、達筆で内容も丁寧で現代でもこんな方がおられるのかと感動したことがありました。

最近は手書き文書が減っているように思います。テクノロジーの発展で手書き文書は処理が進まないこともあると思います。近年では役所などへの各種申請文書は手書きでは受付されないと言う話を聞いたことがありますが、手書きでそれも毛筆で書けたらいいなと思います。

“中谷美紀の教養と魅力・手書きの手紙は感動する” の続きを読む

「まんぷく」と心に刻まれるインスタントラーメン

朝ドラの「まんぷく」はインスタントラーメンのドラマで面白いです。インスタントラーメンを改めて思う時、お金がなく貧しい生活をしていた学生時代を思い起しますね。

11月に学生寮生活をしていた仲間が集まりました。その話の中で出てくるのが食の話です。安いラーメンライス定食を良く食べたとか、お金がなくインスタントラーメンばかり食べていたなとかの懐かしい話が出てきます。ラーメンやインスタントラーメンは、懐かしい思い出の一コマかも知れません。こうした、ラーメンの話は多くあるのではないでしょうか。

事件や災害でも好まれるのはラーメンですね。日本は多くの災害にに合っていますが、そんな時にインスタントラーメンが食べられています。改めてインスタントラーメンも価値を考えています。

“「まんぷく」と心に刻まれるインスタントラーメン” の続きを読む

西郷どんと西郷星

「西郷どん」はいよいよ西南戦争に向かって動きはじめます。

そもそも西南戦争とはどのような戦いだったのでしょうか?

西郷隆盛没した西南戦争後に大きな輝きを持った星が現れたと言います。人々はその星のことを「西郷星」と呼んだと言います。

(西郷星錦絵)

この「西郷星」と言われるものは、この年、火星の大接近の年であり、当時は天文学も知られていない時代で、異様に明るく輝く光も中に陸軍大将の正装をした西郷隆盛の姿を見たという噂が広がり、「西郷星」として錦絵が何枚も売りだされたと言います。

このように西郷隆盛は多くの人に慕われる存在だっことが、このことをとってみても伺えます。

“西郷どんと西郷星” の続きを読む

市民ランナーとマラソン大会・走りやすい大会は?

「市民ランナー」という言葉はすっかり定着したように思います。ランナーと言えばマラソン選手か、走ることが優れている人が走るというようなイメージがありましたが、気楽に参加できるものとなっています。

福知山市マラソンの応援です。時折小雨が降り寒空です。昨年もこんな天気でした。マラソンはこんな天候が走りやすいと思う時もあります。

寒いと肌が痛く感じ時もありますね。スマホをもっているかたも良く見かけます。コスプレのランナー、ふんどしだけで走っている方もありますね。実に自由に走られるています。

「走る事を楽しむ」考え方が日本の中でも浸透しているようです。

タイムを考えて走る方、完走する事だけを目標として走る方、色々な考え方があって良いと思います。

私も以前は毎年走っていたのですが、走る時間が取れなくてなりランをやめてしまいました。

その時私の周りにいる人たちは「何位だった」「タイムはどれくらいだった」などと聞く人が多かったです。

「楽しんで走れたか」と聞く人は皆無の状態でした。

市民マラソンを走る考え方は自由であって欲しいですね。

毎年各地で市民マラソン大会が各地で開催されています。そんな大会に計画的に参加するのもよいかもしれません。マラソンを走ることで暮らしに変化が生まれると思います。

タレントさんもマラソン大会によく参加されていますね。間寛平さんは、アースマラソンを完走されましたね。

福知山市民マラソン大会は毎年11月23日に開催されています。初心者でも走りやすいコースと思いますので、フルマラソンをして見たいと思う方には最適だと思いますね。

スポンサードリンク



「犬神家の一族」は加藤シゲアキ、賀来賢人

横溝正史の「金田一耕助」シリーズは名作ばかりですね。探偵小説や推理小説と言われ、謎を解明していく人物が登場してきます。

「探偵」と聞くと何か頭脳明晰のイメージが付きまといますが、その頭脳とともに探偵の個性が魅力的です。

日本の探偵小説で名探偵といえば「金田一耕助」の名前が浮かびあがりますね。また金田一耕助と共に有名な人物が江戸川乱歩の「明智小五郎」、高木彬光の神津恭介が日本の三大名探偵と言われています。

これらの名探偵が謎を解明していくドラマは何回みても新たな発見があり面白いものです。

“「犬神家の一族」は加藤シゲアキ、賀来賢人” の続きを読む

朝ドラ「まんぷ」と演技者の力

福ちゃんの経営のプレゼンテーションが現代で通じる

物資が不足している時代においては、塩は大変貴重なものです。福ちゃんが商工会議所の会頭・三田村亮蔵さん(橋爪功)に出会いに行った時「今は何をしてはりますのや」と聞かれると「塩を作っています」。三田村会長は「それは良いところに目をつけられましたなあ」。福ちゃんは、「万平さん塩だけで終わる人ではないと信じています」言い300円ものお金を出資させます。

1945年当時千円はだいたい今の100万円程度の価値だったと言われ、現代で言えば1000倍くらいの価値になると思われます。単純に比較はできませんが、福ちゃんが三田村会長から引き出した300円というお金はかなりの大きい金額になると思いますね。

“朝ドラ「まんぷ」と演技者の力” の続きを読む

京都・日本酒の季節・酒蔵巡りの旅

京都のお酒

私たちと日本酒は古来から深いつながりがありますね。日本全国銘酒は沢山あります。色々な銘酒を味わいたいものです。地酒は個性豊かなものが沢山ありますね。そんな地酒を求めて歩くのも良いかも知れません

京都の伏見は日本有数の酒どころで酒蔵も多いところです。しかし、京都の酒は伏見だけでなく田舎にも美味しい酒蔵は沢山あります。

少し、京都の北部地域の丹後の歴史ある酒蔵を訪ねてみました。それぞれ個性豊かなお酒を造られています。

“京都・日本酒の季節・酒蔵巡りの旅” の続きを読む

鬼と神と京都

鬼と京都

 吉田神社の節分祭

 

京都の秋は紅葉が美しく、平安時代の雅な都人の暮らしを思い浮かべてしまうものです。しかし、当時、都は「鬼」などが横行し、安心できるところではなかったと言われます。

この鬼たちを退散させるため、祈祷などを行い退散させるなどが行われ、陰陽師 安倍晴明などが活躍していた時代でもありました。

秋となるとなぜか鬼の存にが気なります。紅葉が進む鬼伝説の「大江山」に行くと鬼たちの騒ぎ声が自然の中で騒いでいるような気がしました。
“鬼と神と京都” の続きを読む

志村喬と高倉健と岡田淳一が繋がる生野銀山

近畿の秘境・生野渓谷の秋

秋ともなると芸術や旅の季節ちなり出かけたくなります。カメラを持ち秘境と言われる生野渓谷行くことにしました。生野渓谷は紅葉が進みいつもの年より美しいと感じましたね。

“志村喬と高倉健と岡田淳一が繋がる生野銀山” の続きを読む