コレステロールは卵を食べると増えるか・NHK ガッテン

コレステロールが気になる

コレステロールとは何。

コレステロールと言うものには、「食べ物中に含まれるとコレステトロール」と「血液中のコレステロール」があると言われます。食べ物中のコレステロールを食べると体のコレステロール上がるかと言えばただちに上がることはないと言われています。

食品中のコレステロールは余り気にしなくても良いことになっているようです。

ただし、血液中のコレステロールが高い人は注意が必要と言われています。コレステロールが高いものと言われれば思い浮かべるのが「卵」ですね。健康診断を受けた時にコルステロール値が高かく、医者から「卵を沢山食べているのでは・・」と言われました。

食品中のコレステロールの接種量の目安としては・・・

悪玉コレステロールの数値が正常な人は食品中のコルステロールは余り気にしなくても良く飽和脂肪酸には気を付ける必要がありそうです。

脂質は三大栄養素(炭水化物、脂質、蛋白質)の一つで、脂質には大きく飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸に分けられています。飽和脂肪酸を多く含んでいる食品としてはバター、ラード、牛脂など動物性のものが飽和脂肪酸が多いと言われます。

“コレステロールは卵を食べると増えるか・NHK ガッテン” の続きを読む