病気・癌で亡くなられる有名人なぜ

若くして亡くなられる有名人

何か今年になって有名人の方がなくなられることが多いように感じています。特に若くして亡くなられた方はもっと長く生きらされるとどのようになったのろうかとも思います。

若くしてなくなった有名人は伝説などになる方もあります。そんな方の特集が組まれることもあります。私たちもそんな記事を読むと懐かしさと偉業を改めて知ることもあります。

そうした人たちは癌など治療が困難な病で亡くなられる方も少なくないですね、

夏目雅子さんは「急性骨髄性白血病」で1985年9月11日に急性肺炎で27歳の若さで亡くなられています。1985年と言えば今から33年の年月が過ぎたことになりますが、夏目雅子さんの映画やドラマは昨日のように思いだすことができますね。それだけ印象に残る女優さんだったと思います。

夏目さんの意思を継ぎ「夏目雅子ひまわり基金」が設立され抗がん剤治療で脱毛で悩む人たちに無償でカツラが貸与されています。

(H・P)http://www.himawari-kikin.com です。

夏目雅子さんは沢山の映画やドラマで活躍された方ですが、中でも印象に残る作品と言えば「鬼龍院花子の生涯」と思います。また、1978年~1979年のドラマ「西遊記」では三蔵法師役で、孫悟空には堺正章さん、緒八戒に西田敏行さん、沙悟浄に岸部シローさんで、主題歌はゴダイゴの「Monkiey Magic」、「ガンダーラ」でした。知らない人がいないくらいだったと思います。

活躍の中での急性白血病と言う治療困難な病気で亡くなられました。女優として来れからと言う時の中での出来事は寂しいものですね。

“病気・癌で亡くなられる有名人なぜ” の続きを読む