源氏物語 三十九帖 夕霧を読む

嫉妬問題が書かれている夕霧の帖

源氏物語も恋の物語でもあります。そこには、現代と変わらぬ男と女の関係が綴られており読んでいて千年の前に書かれたものとは思われないものもありますね。

この夕霧の帖は、夕霧が主人公に初めてなります。この帖は「嫉妬」が描かれて、現代でも嫉妬による問題が度々ニュースになることもあり、また痴話喧嘩と言うことも聞きますね。

男と女の関係はいつの時代も変わらないですね。

“源氏物語 三十九帖 夕霧を読む” の続きを読む