栗城 史多氏の遭難死と登山の思想を考えて見た

栗城氏の遭難

栗城氏が8度目のエベレスト登山を行い途中体調を崩し、下山中の5月21日にキャンプ2近くで死亡したとのニュースを見ました。

栗城氏のことはインターネットで、たまに見るくらいでどんな登山をされていたのか余り知りませんが、栗城氏の登山について登山家ではないとの悪評価や応援する評価もあり、登山の内容やスタイルについて幾多の評論が生まれていますね。

登山について考えるため、古い冊子を読みかえしてみることにしました。

評論することはたやすく、その人物をあまり知らないで簡単に評論したくはありません。多くの評論は登山をしたことのない人の評論もありますね。

“栗城 史多氏の遭難死と登山の思想を考えて見た” の続きを読む

古墳とは何か・謎が多い

 台状墓の世界

(但馬考古学研究会編)

古墳は謎が多い

綾部市にある私市古墳のことを知りたくて「綾部市資料館」の館長さんに少しの時間、お話しを伺いました。

 私市古墳

 私市古墳

古墳に眠る人物については遺跡から人物がわかるようなものが出てきていないのでわからないと言うことでした。

古代の地方について関心を持っていることから「綾部市資料館」を訪ねたのです。

わからないことだらけです。古墳に眠る人はどんな人だったのかは全くの謎です。大きな古墳を作った人物ですので、相当力を持った人物だったことは確かなことですね。

“古墳とは何か・謎が多い” の続きを読む