「人工知能と経済の未来」を読む

人工知能とは何

人工知能についてはすでにご承知と思いますが、文章に表すと「コンピューターで記憶・推論・判断・学習など人間知的機能を代行出来るようにモデル化されたソフトウエア」でA1と呼ばれます。

人工知能の話題が多くなってきました。大きく分けて、①人工知能は私たちに利益をもたらす②人工知能は人類にとって脅威になるという相反する二つの話題です。

駒沢大学講師井上智洋さんの書かれた「人工知能と経済の未来」を読んでいます。興味深い内容が書かれています。

亡くなられた世界的に有名な理論物理学者ホーキング博士は「人工知能が人類にとってとんでもない厄災をもたらすのではないか」危惧されていました。こういう思いを持つ方も多いように思います。

しかし、将棋と人工知能の対戦が話題になり、人工知能が勝利するなど人工知能の話題は尽きませんね。

すでに人工知能は私たちも使い、スマホや家庭用掃除機など短かったな所にありますね。株価予測システムや人形ロボットなど実用化や開発がなどが実用化が急速に進んでいますね。

人工知能化は今後益々進んでいきますね。

“「人工知能と経済の未来」を読む” の続きを読む