一人旅の薦め・京都府与謝郡与謝の町(加悦町)の千年椿

 千年椿

 千年椿

椿と言えばイメージするのは、「椿油」やお茶会の席で使う「茶花」や垣根などで咲いている椿を思ってしまいます。「千年椿」が見ごろと聞き一人ミニ旅をすることにしました。椿は冬から春にかけて花を咲かせ品種によってその違いが生まれます。「千年椿の里」の椿は四月初旬が盛りと聞き出かけることにしました。

「千年椿」は「滝の椿」と言われ「千年椿」は樹齢が不詳で大木であるため古木をイメージしてつけられ、本来は「滝の椿」と呼ばれていたものです。「滝の椿」は地域の名前から呼ばれていたようです。

「滝の椿」は京都府の指定文化財とされています。樹高は9.7m、枝張り南北14.0m、東西13.0m、幹周り3.26mです。推定樹齢は500年とも1000年とも言われ樹齢確定はされていません。

“一人旅の薦め・京都府与謝郡与謝の町(加悦町)の千年椿” の続きを読む