旅は歴史をめぐる一人旅・京都・伊根・布引の滝

布引の滝

旅は一人旅が良いものです。気兼ねなしににすきなところに行けば良いのです。京都の伊根にある布引の滝にいきました。伊根は「神仙思想」が残る地域のように感じました神仙思想とは不老不死の仙人思想と言ったほうが理解しやすいと思いますが、布引きの滝はいかにも仙人が住んでいそうなところだと思いますね。

浦島太郎の伝説がある地にこの滝があります。この滝の下には「浦嶋子」(浦島太郎)屋敷があったとも言われています。浦島太郎伝説は神仙思想から作られた物語ですが浦島太郎は仙人になった人だったのかもしれませんね。

この滝は標高357mの雲龍山(滝山)から流れい出て、浦島太郎が玉手箱を開けたとき出た煙がこの滝になったと言われています。落差は96mで全長131mと丹後地方で一番大きな滝です。

山から流れ落ちる姿は神仙世界を具現化したようだと言われ、尾根づたいに滝を左にみながら古道があります。また、戦国時代には本庄城があったとされ戦国時代の戦の舞台でもあったのですね。

“旅は歴史をめぐる一人旅・京都・伊根・布引の滝” の続きを読む

地酒をめぐり味わう・京都丹後 伊根

 伊根の舟屋

 地酒・酒蔵「向井酒造」

京都府の北部に珍しい「舟屋の里」があります。丹後の伊根地域ですが舟屋と住居を一つにしたものです。この地域の人々の暮らしの知恵をたどることができ、自然景観と結びつき、国の「重要伝統的建築群保存地区」にも指定されているものを見て回ること考えました。

伊根の旅に行くことにしました。旅は色々なものとの出会いが嬉しいものですが、我が家から約半日行程の旅で、短時間の旅ですが、行く先々で色々な人との出会いがあり、歴史、自然と触れ合うことができ楽しい旅になりましたね。

“地酒をめぐり味わう・京都丹後 伊根” の続きを読む

生き方を読んで知る・菜根譚(さいこんたん)

日本の文化は古来より中国に影響されたものですね。中国の明朝の時代に処世訓が大流行だったと言われています。当時の明朝は激動の時代であり生き残りの処世術が考えられ、良く読まれたのです。

今日の私達の時代も激動の時代と言われます。人の生き方の 処世術の哲学書なども良く読まれているようです。

“生き方を読んで知る・菜根譚(さいこんたん)” の続きを読む

クリスマスのイリミネーション・京都丹波 琴滝

12月の声を聴くとイルミネーションが各地でつけられるようになります。今年も早年の瀬かなと思います。

京都府の丹波 琴滝でもイルミネーションがつけられるところがあります。琴滝周辺ですが、晩秋の琴滝にいきました。天空から落ちる水は琴が奏でられているように思います。静かな晩秋からやがて点灯されるイルミネーションを思ってしまいました。

クリスマスはイルミネーションを見に行き思い出のクリスマスにするのも良いかもしれません。

スポンサードリンク


美味しいワインとワイナリー・京都・近畿のワイナリー

 ワインに合う料理を作りました

 丹波ワイン

ボンジョレヌーボーの季節になり。いわゆるワインの新酒に時期なのですが、日本にも沢山のワイナリーが生まれていますね。ワイナリーを訪れてワインの味を楽しむのも良いと思います。またクリスマス近づいています国産ワインを味わうことも良いかもしれません。近畿地方のワイナリーは12あります。それぞれ個性を持ったワイナリーです。

“美味しいワインとワイナリー・京都・近畿のワイナリー” の続きを読む

相撲とモンゴル・民族性を知る・文化の違い

 モンゴル博物館

 モンゴル相撲

兵庫県但東町にある「日本・モンゴル民族博物館を訪ねてみました。モンゴル相撲などモンゴル民族に関しての資料が豊富にあり有意義に館内を見て歩くことができました。現在、日本の鬼と世界の鬼を学んでいるところです。

“相撲とモンゴル・民族性を知る・文化の違い” の続きを読む