俳句と短歌と川柳を知り、始める

俳句や短歌や川柳をこれから始める

俳句と短歌と川柳は何がどう違うのにでしょうか?自然や日常生活や詠む人の気持ちを現す短文で著すのののように思います。文章が短くなればなるほど難しいもののように思います。そこには日本人の豊な感性が込められ、大変興味深いものです。

“俳句と短歌と川柳を知り、始める” の続きを読む

徹子の部屋とアンドロイドどこまで進化するの?

アンドロイドは進化している

「徹子の部屋」ゲストに黒柳徹子さんそっくりのアンドロイドが出演していました。何か衝撃的でした。一瞬もるといつもの黒柳徹子さん厚化粧の上に厚化粧をしたような感じでしたね。

最先端技術アンドロイドの進化は年を追ってというより時間を追ってという表現が適切かもしれませんが進歩しています。アンドロイド「totto」開発者の大阪大学教授・石黒浩さんが出演されていましたが、徹子さんの質問「アンドロイドは年を取らないが人間は年をとっていくが、アンドロイドもそれに合わせるのか」の質問に対し石黒教授は「アンドロイを変えるにはコストがかかるので人間を整形するほうが経費がかからない。私は整形してアンドロイドに合わせている」(石黒教授に似たアンドロイドを作られている)と答えられていましたね。

“徹子の部屋とアンドロイドどこまで進化するの?” の続きを読む

葡萄の収穫の終わりの時期に葡萄ジャムの作り方

葡萄ジャムは高価なものになります。ジャムを作るとなると収穫が終わりかけた時期に葡萄を購入すると安く売っている場合もありますね。こうした葡萄でジャムを作ります。

葡萄栽培農家さんにいくと安売りされています。京都府三和町にある梅垣葡萄農園で購入しました。

住所:京都府福知山市三和町下川合     TEL 0773-58-2015

<葡萄ジャムの作り方>

葡萄の皮を剥きますが、たっぷりの沸騰したお湯に葡萄の実をつけると皮が剥けやすくなります。葡萄の実と皮を分けます。葡萄の実を鍋にいれ、砂糖をぶどうの重量の30から40%(お好みの甘さに調整)加えます。葡萄の皮を大き目のお茶パックに入れてくわえ、レモン果汁も加えます。こうすることで綺麗な葡萄色のジャムになります。水分が多いので水分飛ばすのに少し時間がかかりますが、焦げ付かないように注意します。水分が一定の量になれば出来上がりです。冷めれば瓶入れて冷蔵庫で保存します。砂糖が控えめな仕上がりですので早目に食べきることおすすめします。

スポンサードリンク

NHK朝ドラ・「わろてんか」ほんまにおもろい

NHKの朝ドラの視聴率が22・3%と好調なようです。このドラマは吉本興行の創業者の吉本せいがモデルです。

テレビを見ていると芸人さんたちが活躍されています。どこの所属の方かかなと思うと「吉本興行」が目にはいります。吉本と言えば「吉本新喜劇」とイメージする時代から多くのお笑いタレントを輩出するなど幅広い事業が展開され、テレビで毎日見るようになりました。「吉本興行」を誕生させた人物のドラマは面白く興味深いです。また、大阪弁は何か憎めない、親しみがもてる言葉でもありますね。

“NHK朝ドラ・「わろてんか」ほんまにおもろい” の続きを読む