恩田陸のチョコレートコスモス秋の読書にピッタリ

「チョコレートコスモス」は演劇の世界の小説

読書の秋と言いますが、過ごしやすい季節になっ来ました。本を読むのは心地よいものです。本は知識の宝庫でもあり知的財産にもつながっていきます。恩田陸さんの「チョコレートコスモス」を読んでいますが「演劇」という日常にあまりなじみのない世界が描かれ、小説とは言うもののリアルに伝わり面白い小説だと思います。

“恩田陸のチョコレートコスモス秋の読書にピッタリ” の続きを読む

季節!初秋、中秋、晩秋・日本の秋を楽しむ

秋と言えば色々なイメージが浮かび上がってくるものです。私たちは現代社会は季節感がなくなってきたと言われながらもしっかりと季節感じて暮らしているものです。秋を感じて暮らすことはいいものですね。

“季節!初秋、中秋、晩秋・日本の秋を楽しむ” の続きを読む

ヘルマン・ヘッセと庭の暮らし・ヘッセを知る

ヘルマン・ヘッセと言う作家の名前や「車輪の下」の本の題名を聞いたことがある人は多いとは思いますが、しかしどんな内容の作品を書いていた人物かわからない人もあるのではないでしょうか。私もヘルマン・ヘッセについて知らなかったですが本屋さんに行くとヘッセの「庭仕事の愉しみ」がありました。この本を読みヘッセの作品や人物像を少しわかりかけました。

“ヘルマン・ヘッセと庭の暮らし・ヘッセを知る” の続きを読む