中谷美紀の教養と魅力・手書きの手紙は感動する

(中谷美紀さん)

中谷美紀さんがドイツ人のビオラ奏者で二年に渡る遠距離恋愛のご結婚ということで直筆で結婚報告のコメントが寄せられていますが、達筆ということでネット界を賑わしているようです。この筆跡で性格の分析がされているところもありますが知性的な人物との結果となっているようです。

中谷さんの手書きの文書は書いているところの内容によって字の大きさを変えるなど色々なところに心使いがあるようです。達筆すぎて読めないという方もあるようですが、手書き文書になれない方もあるように思います。中谷さんの手書き文書は見ていて何か心が和やかになったように感じますね。

(中谷美紀の手紙)

子供の結婚式で、子供のお友達のと言う、女性の方から結婚式の打ち合わせの案内を手書きいただいたことがありましたが、達筆で内容も丁寧で現代でもこんな方がおられるのかと感動したことがありました。

最近は手書き文書が減っているように思います。テクノロジーの発展で手書き文書は処理が進まないこともあると思います。近年では役所などへの各種申請文書は手書きでは受付されないと言う話を聞いたことがありますが、手書きでそれも毛筆で書けたらいいなと思います。

“中谷美紀の教養と魅力・手書きの手紙は感動する” の続きを読む

戦国時代の謎を探る・知将の武将

戦国時代は謎だらけ

戦国時代は映画やドラマばどで扱われていますが、比較的史実が解明されているのではないかと思われがちですが謎は多いですね。

戦国の世は毎日のように戦さが行われていたかと言えば、戦をするためには準備頭脳を使い準備を整えて戦っていたようです。また、武芸が優れたものだけが優れたものではなく頭脳を働かせ生き残っていったようです。

戦国の世も現代にように生き残るためには知性や教養は必須条件であったようですね。

戦国時代の武将たちはどんな考え方で戦国の世を生きていたかは残された資料も少なく謎も多いです。

“戦国時代の謎を探る・知将の武将” の続きを読む