明智光秀と大河ドラマ「麒麟がくる」で光秀のイメージは変わるのか?

明智光秀を知らない人はいないと思いますが

明智光秀を知らないひとはいないと思われますが、戦国時代の武将で、織田信長を京都の本能寺でおそった謀反人ですが、光秀はなぜ謀反を起したのかが戦国時代の最大の謎だとされています。

その動機は恨み説や黒幕説など50説を数えると言います。その動機の真相はどの説なのでしょうか?・・・・謎解きに臨まれても面白いかも、・・・?戦国歴史ロマンの旅となりそうです。

歴史は現存する限られた資料の中で史実をつきとめていくことになるようです。

明智光秀についても、信長の「信長公記」や江戸時代の元禄に書かれたと言う「明智軍記」などが参考にか書かれたものが多いもとも言われます。

(福知山市発行の「明智光秀の生涯と丹波 福知山」)

明智光秀と言う人物が描かれる場合書く人の立ち位置でそれぞれ違いが生まれているようです。

福知山市が発行した「明智光秀の生涯と丹波 福知山」によりますと・・・

<明智光秀というと枕詞のように「謀反人と言う言葉がついてくる。多くの人が光秀に抱いているイメージは主殺しの大悪人といったところではないだろうか。同じ信長の家臣として車の両輪のようになって活躍した豊臣秀吉の人気と比較すれば一目瞭然である。

ただ、注意しておかなければいけないのは、謀反人とか下克上を「悪」と見るようになったのは江戸時代からである。

江戸時代の儒教的武士道徳が一世を風靡する中で、謀叛とか下克上は「悪」とされるようになったのであり、戦国時代はむしろぞれらは是認されていた。

織田信長であっても、主筋にあたる清洲織田を滅ぼして尾張一国の戦国大名となっていたのである。

そしてもう一つ「歴史は勝者が書いた勝者の歴史である」という点も見ておかなければならない。>

確かに今日のように情報処理や経済など現代社会と全く違う時代に置いて同じ視点や考え方で判断すると違う時代が描かれてると思われます。

大河ドラマはドラマとして楽しめるようなドラマになれば良いとは思いますが、史実とは違い描かれることはあるとは思います。

“明智光秀と大河ドラマ「麒麟がくる」で光秀のイメージは変わるのか?” の続きを読む

明智光秀と戦国時代の謎

大河ドラマ・「 麒麟がくる」

大河ドラマは戦国時代の人物が描かれてたものが人気があるようです。

大河ドラマはその関係する地域にとって地域活性化となると考えられて色々なイベントが進められています。

“明智光秀と戦国時代の謎” の続きを読む

花見と弁当と桜餅

これから行楽の季節です。桜も満開花見をしましょうか。

花見の楽しみは、花より団子で弁当はつきものです。

弁当は買われる方も多いと思います。 手作り 弁当も良いですね。

手作りとなると負担に思われる方もあるとは思いますが、全てを作らなくてはと思わないで作るほうが良いとおもいます。

お寿司とかお握りのメインは手作りにして、おかずは、冷凍食品や惣菜利用も良いかもしれませんね。 花見弁当は寿司に限ります。

バラ寿司をつくりました。寿司は簡単にできる料理です。

  • ご飯を炊き酢飯にしますが、ラッキョウ酢をつかうと美味しい酢飯になります。便利酢と言うような調味料が入った酢も販売されています。のでこうした酢は便利です。
  • この酢は酢の物を作るときにもいいですね。
  • 寿司作りのキーワード は「ラッキョウ酢」です。

“花見と弁当と桜餅” の続きを読む

昭和とテレビと視聴率

昭和の時代

東京オリンピックが開催された昭和の時代は「高度経済成長」の時代でした。現代では想像ができないよう

な忙しい中でも何か夢のある時代だったのかもしれません。現代の夢はどんな夢なのでしょうか。戦後の昭和はどのような時代だったのでしょうか?

東京オリンピック開催がせまり、大阪万博の開催が決まるなど1960年、1970年を思い起すようなことが生まれています。また、平成から次の元号が制定されようとしています。

何か、時の流れを感じますね。昭和を振り返える時「テレビ」は欠かすことのできないものですね。

昭和の時代は家族みんながお茶の間でテレビを見ることが当たり前で、チャンネルの奪い合いがありました。現代では考えられないことですね。当時はまだカラーテレビもなく、リモコンスイッチがないテレビでした。

こうした中でテレビの視聴率もNHKの紅白歌合戦や朝ドラなども80%と50%を超えるような番組も続出していたようです。1963年の紅白歌合戦は80.4%と言う驚異的な視聴率だったようです。現代では20%を超えると高い視聴率と言われるようです。かなりの開きです。

(紅白歌合戦視聴率)

1962年 80.4%

1963年 81.4%

2018年 57.2%

(朝ドラ)

1971年 繭子ひとり 47.4%

1983年 おしん   52.9%

2013年 あまちゃん 20.6%

番組によっては10%を切る番組があり色々と出演者や番組内容でネットでニュースになっています。

サザエさん

 

現在視聴率は昭和の時代と比べて落ちる傾向にあるようですが、情報化が進みスマホの普及など携帯端末広がる中では時代の流れですが、テレビは依然として必要とされていることは間違いないと感じます。

“昭和とテレビと視聴率” の続きを読む

NHK大河ドラマ「麒麟が来る」光秀は死んでいない

麒麟がくる

2020年のNHKの大河ドラマは「麒麟がくる」になっています。戦国時代の最大の謎とされる「なぜ明智光秀は主君の織田信長を襲撃して殺害したのか」に迫りながら謀反人としての明智光秀の人物像から知識人、有能な人間味あふれる人物として描かれるようです。主演の長谷川さんは「明智光秀は天海僧正になったという説がありますがそんな人物像が・・・」と言われていましたがどのような人物像が描かれるのでしょうか?

キャストが決まり発表されました 明智光秀は朝ドラ「まんぷく」の萬平さんの長谷川博己(はせがわひろき)さんです。

“NHK大河ドラマ「麒麟が来る」光秀は死んでいない” の続きを読む

西郷どんと西郷星

「西郷どん」はいよいよ西南戦争に向かって動きはじめます。

そもそも西南戦争とはどのような戦いだったのでしょうか?

西郷隆盛没した西南戦争後に大きな輝きを持った星が現れたと言います。人々はその星のことを「西郷星」と呼んだと言います。

(西郷星錦絵)

この「西郷星」と言われるものは、この年、火星の大接近の年であり、当時は天文学も知られていない時代で、異様に明るく輝く光も中に陸軍大将の正装をした西郷隆盛の姿を見たという噂が広がり、「西郷星」として錦絵が何枚も売りだされたと言います。

このように西郷隆盛は多くの人に慕われる存在だっことが、このことをとってみても伺えます。

“西郷どんと西郷星” の続きを読む

「西郷どん」心を動かし心が動く

考えてみれば維新てなに

維新とはどのような時代だったのか。大河ドラマで知ることができます。江戸幕府による「鎖国」という海外との交易などを禁止する制度の中でアメリカとの日米親和条約、日米修好通商条約を結び、海外の情報がはいり大きく変わる時代だったのですね。

今まで見たことのない、蒸気船が沖にいるのですからびっくりしたことでしょう。

世界から隔たった暮らしてきた 人々にとって突然黒い蒸気船が現れ、西洋の文明にふれることになるのですから、かなり戸惑いあり、衝撃的なことだったと思います。

新しいものと古いものが入り混じり、西洋文化と日本の文化が入り混じった世界は驚きの連続だったと思いますね。

“「西郷どん」心を動かし心が動く” の続きを読む

西郷どんは温泉好きだった・温泉はいいね

秋は温泉の旅

食と味覚、読書、芸術、旅など沢山なことが浮かんできますね。温泉もその一つに加わると思います。日本に温泉は沢山あります。古くからある歴史を刻んだ名湯と言われる温泉から近年掘られた温泉まであります。猪が掘った温泉があるとの噂も聞いたことがありますね。温泉だらけの日本列島です。

歴史を作った人物も温泉好きの人たちはたくさんいますね。大河ドラマの「西郷どん」も温泉好きだったようです。また、坂本竜馬もお龍と温泉への新婚旅行に行っています。

秋は旅行の季節ですね。歴史に名を残した人物の足跡をたどった温泉旅行も良いかもしれませんね。

“西郷どんは温泉好きだった・温泉はいいね” の続きを読む