貴乃花引退かわいそう・私に残る相撲

貴乃花親方の引退

貴乃花親方の引退と言うニュースが流れていますね。大相撲の不祥事やごたごたが続いていますが、大相撲ファンとしては聞きたくもない話が多いですね。

大相撲や相撲は日本人にとって関心が高く記憶が刻まれてきたものです。かなりの年配者であれば、各村の神社には土俵が作られていて奉納相撲・相撲大会が開かれ楽しまれた時代もありました。現在もそんな土俵が残っている神社もありますね。

村の神社の土俵

テレビが普及しかけた昭和30年代からは大相撲のテレビ中継にくぎづけになり、子供たちは「巨人、大鵬、卵焼き」などと時の横綱大鵬関は国民的な人気となりその後大相撲人気が続いいったと思いますね。その後国民的な相撲人気は「若貴フィーバー」などと言われ、若乃花と貴乃花の兄弟横綱の誕生に国民的な関心が生まれ、大相撲は面白いと思ったことが私たちの中に残っています。

大相撲の歴史をつくってきた貴乃花親方が引退されるとは寂しい思いがします。

貴乃花の引退の記者会見を見ていて感じたことは言われていることがなかなか理解できないことが多くあるように感じましたね。

大相撲協会のことも触れられていましたが大相撲協会内情のことは知らないことが多いですね。
“貴乃花引退かわいそう・私に残る相撲” の続きを読む