夏野菜・京の伝統野と万願寺とうがらしの旬の食

 万願寺とうがらし

<京の伝統野菜>

京野菜として「万願寺甘とう」とも呼ばれ辛みがなく美味しい野菜として利用が高まっています。

万願寺とうがらしは、京都府舞鶴市の万願寺地区のみで栽培されいたものが「美味しい」と評判になり栽培が広がってきたもので、京の伝統野菜の伏見とうがらしの変種が万願寺とうがらしではないかと言われます。

ネットでも購入できますね。郵便局でも扱っていました。

“夏野菜・京の伝統野と万願寺とうがらしの旬の食” の続きを読む

NHKの朝ドラ「なつぞら」から元気だった時代を思う

連続テレビ小説「夏空」が始まります

NHK大阪制作の「まんぷく」が終わり「夏空」が4月より始まります。

連続テレビ小説は第100作目になる記念作品と言うことです。連続テレビ小説がはじまったのが1961年(昭和36年)獅子文六さん「娘と私」 でテレビ時代が始まっていく時期でもあり高度成長の時代が始まる時代です。 娘と私

この時代は「所得倍増計画」などが推し進められた時代でした。

『所得倍増計画(しょとくばいぞうけいかく)は、1960年に池田内閣の下で策定された長期経済計画である。閣議決定された際の名称は国民所得倍増計画(こくみんしょとくばいぞうけいかく)という。この計画では、翌1961年からの10年間に名目国民所得(国民総生産)を26兆円に倍増させることを目標に掲げたが、その後日本経済は計画以上の成長に至った。」

「娘と私」は朝ドラの原点

「フランス人の伴侶を亡くした父と妻の忘れ形見である娘の関係を描くこの自伝的な小説は、本が出版された1956年にNHKでラジオドラマ化された後、NHKテレビの朝の「連続テレビ小説」の第一弾の原作となりました。時代の変化や家族の関係というものをバックに成長していく女性の姿を描く「連続テレビ小説」の原点は、獅子文六の小説にあるといえます。」

“NHKの朝ドラ「なつぞら」から元気だった時代を思う” の続きを読む

朝ドラの魅力・まんぷく

インスタントラーメンの完成

NHKの朝ドラ「まんぷく」はインスタントラーメンが完成し、インスタントラーメンが世の中に出ていきます。

インスタントラーメンは、当時の人たちにとってお湯をかけるだけで食べられることは衝撃的なものだったと思います。冷蔵庫や電気調理器具などもあまりない時代の中でお湯をかけるだけで食べられるものが受けいられていったことはうなづけます。

その後、カップにはいったカップ麺が売り出されました。現代では普通ですが、発売当初は思ったようには売れなかったと言われてます。

こうしたインスタントラーメンは現代ではどれくらい食べられているのでしょうか。色々なインスタントラーメンが店頭ずらり並び、地方のご当地ラーメンも良く見ます。2016年では916億食とも言われます。

“朝ドラの魅力・まんぷく” の続きを読む

酒の旬と味わい

造り酒屋

「造り酒屋」「酒蔵」などを聞くと歴史ある酒蔵を思い浮かべ飲んで見たい思います。こうした造り酒屋の作り立ての酒はすごくおいしいものが多いですね。美味しいお酒に出会うためにはツアーがいいかも知れません。

現代では試飲ができる造り酒屋さんが多いです。造り酒屋巡りもいいものだと思っています。

 京都府伊根町の向井酒造

さて、日本酒の美味しい季節ですね。酒は旬の食とも合うものですね。酒と肴は切り離すことのできないものです。酒とは何なのか「日本の酒」が岩波文庫にありましたので読んでみることにしました。卑弥呼から現代までお酒の旅です。

“酒の旬と味わい” の続きを読む

がんの生存率はあてにならない

がんの五年生存率

がんによる生存率は医療技術の進歩により伸びていると言われています。しかし、がんで亡くなられる方は実に多いですね。ニュースなどを見ていますと有名人や芸能界の人たちもがんにかかっていたり亡くなる方ばかりのような気がします。それだけかかる人が多い病気ですね。

誰でもがんになる可能性がある病気ですが、がんと診断されたらどのように対応されますか。

9月12日に国立がん研究センターは、全国の医療機関別の五年生存率を公表しました。がん治療はそれぞの医療機関で違いがあるようです。

人が治療にあたり、がんの特徴や患者の状況など単純に比較できない要素もあると思いますがしかし、医療機関の傾向はわかるように思います。

私の知人も癌にかかり治療しましたが皆んな5年以上生きて仕事をしていますね。

今回、調査の対象となったのは、がん診療連携拠点病院など全国約250ヵ所の医療機関で、2008年~2009年の間の胃がん、大腸がん、肝臓がん、肺がん、乳がんの五大がんで診断された約50万人のステージ(がん進行度)に応じた五年生存率が明らかにされました。

(五年製造率の医療機関)

胃がんの高いところで79.4%

大腸がんの高いところで79.2%

肝臓がんの高いところで49.7%

肺がんの高いところで60.6%

医療機関別の生存率が患者さんたちの要望で初めて公表されたようですが、医療機関の質につながるものでなくあくまで参考程度にとどめながらがん治療の病院を選択することになります。

しかし、がんはやはり早期発見、早期治療が最良と言われています。

“がんの生存率はあてにならない” の続きを読む

コレステロールは卵を食べると増えるか・NHK ガッテン

コレステロールが気になる

コレステロールとは何。

コレステロールと言うものには、「食べ物中に含まれるとコレステトロール」と「血液中のコレステロール」があると言われます。食べ物中のコレステロールを食べると体のコレステロール上がるかと言えばただちに上がることはないと言われています。

食品中のコレステロールは余り気にしなくても良いことになっているようです。

ただし、血液中のコレステロールが高い人は注意が必要と言われています。コレステロールが高いものと言われれば思い浮かべるのが「卵」ですね。健康診断を受けた時にコルステロール値が高かく、医者から「卵を沢山食べているのでは・・」と言われました。

食品中のコレステロールの接種量の目安としては・・・

悪玉コレステロールの数値が正常な人は食品中のコルステロールは余り気にしなくても良く飽和脂肪酸には気を付ける必要がありそうです。

脂質は三大栄養素(炭水化物、脂質、蛋白質)の一つで、脂質には大きく飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸に分けられています。飽和脂肪酸を多く含んでいる食品としてはバター、ラード、牛脂など動物性のものが飽和脂肪酸が多いと言われます。

“コレステロールは卵を食べると増えるか・NHK ガッテン” の続きを読む

中性脂肪を知るNHKのガッテンより動脈硬化

健康診断を受けての通知

健康診断を受け医者のコメントをいただきました。

通知とコメントは「コルステロール値が高い」との診断結果でした。

健康の話の中ではコルステロールの話が良く出てきますので、コルステロールは知っていると思っていたのですが、しかし、コルステロールのことを考えて見ると意外に知らないことだらけだと思いました。

病気の 原因はどこか悪いところが生まれれば、そこから色々な病気になると思います。悪いところがあれば悪化する前に改善させることが必要だと思いますね。

“中性脂肪を知るNHKのガッテンより動脈硬化” の続きを読む

秋の古都 京都は芸術鑑賞

秋の京都は紅葉が素晴らしく、食べ物もおいしい季節でもあり心に残る旅ができますね。

 秋の京都

旅する季節になってきました。旅と言えば秋は古都・京都の旅ですね。京都は古い寺院仏閣が沢山あり見たいところは沢山ありますが京都は平安の都と言われるように平安時代の貴族たちの暮らしを思い浮かべてしまいます。

京都観光と言えば見どころは沢山ありますが、どんなところを観光するのかと言えば計画をしっかりと立てることで良い旅となるように思います。

秋は芸術の秋と言われるように、芸術を鑑賞することも良き旅になると思います。

京都は1200年の都で常に日本文化を発信してきた地です。文化と言えば美術と言うイメージもありますが、まず、「京都国立博物館」に行かれることがお勧めです。

 京都国立博物館

 京都国立博物館

住所:〒605-0931

京都市東山区茶屋町527

*台風災害のため2018年9月11日~28日は休館になっています。こうした情報を知ることも必要ですね。

“秋の古都 京都は芸術鑑賞” の続きを読む

NHK ためしてガッテン・さつまいもの品種と調理

紅天使の焼き芋

ガッテンを見ると「サツマイモ」の話をしていました。近年サツマイモの品種改良が進み、サツマイモの大革命が起きているらしいですね、

秋ともなると食欲の秋と言われサツマイモが特に女性には人気があります。スパーマーケットで焼き芋機を置いて販売していますが、美味しい焼き芋です。ほくほくとしたサツマイモではなくしっとりとした芋だなと感じていたのですが、これは品種の違いだったと知りました。

“NHK ためしてガッテン・さつまいもの品種と調理” の続きを読む