源氏物語 四十八帖 早蕨(さわらび)AI時代に読む

源氏物語をAIの時代をに読む

源氏物語をすべて読み切った方はどれくらいあるのでしょうか。平安時代に光源氏と言うイケメンでプレイボーイが主人公と女性や宮中の物語として何となく知っているとか幾つかの帖は読んだと言われる方は多いもではないかと思います。

しかし、源氏物語は平安時代当時の公家たちの暮らしや政治や経済、また自然災害のことも描かれていることから、男と女の関係だけの物語ではないようです。

しかし、男女間や人間関係の心の動きが描写されていますが、現代社会に通じるように思います。

源氏物語が世界的に評価されていることがわかるような気がします。

AI時代においてはより人が大切になってくると言われますが、人がリアルに描かれた源氏物語は価値ある物語のような気がしています。

“源氏物語 四十八帖 早蕨(さわらび)AI時代に読む” の続きを読む

源氏物語 四十七帖 総角(あげまき)・宇治十条を読む

古典・源氏物語はスマホをもって読む

源氏物語の古典を読むのは現代の言葉と違うことがありますので難しい言葉の使い方ががされていますので難しと思うことがあります。しかし現代がスマートフォンと言う便利なツールがあり簡単に調べることができます。スマホの活用方法の一つだと思います。

“源氏物語 四十七帖 総角(あげまき)・宇治十条を読む” の続きを読む

源氏物語を読む 四十五帖 「橋姫」宇治十帖のはじまり

「橋姫」からはじまる「宇治十帖」

最近本屋さんに行っても「源氏物語」が少なくなったように思いますが、

日本文学全集 「源氏物語」角田光代 訳(河出書房新社)

が出版されとても読みやすいですね。

「源氏物語」に関心がある方にお薦めの本と思いますね。

「源氏物語」は紫式部が書いたと言われる平安時代の貴族社会が書かれたものですが人間、社会などが描かれ現代人や社会につながるものだなと思います。

近年、古文と言われるものに興味をもっています。日本古典の代表と言われる「源氏物語」を読み切ろうと思い読んでいます。これまで四十四帖の「竹河」まで読み進めてきました。

これから「橋姫」橋姫は舞台は宇治に移り宇治のことが書かれ「宇治十条」と言われて「橋姫」の四十五帖から五十四帖の「夢浮橋」の最終場面までのことです。

“源氏物語を読む 四十五帖 「橋姫」宇治十帖のはじまり” の続きを読む

源氏物語「竹河」を読み現代の離婚を考える

「竹河」あらすじ

源氏物語から平安貴族社会がわかります。現代社会も平安貴族社会文化が引き継がれているようです。平安貴族たちはその日の行動を風水占いで決めていたようですが、現代でも私たちは風水を信じることがありますね。

登場人物は、源氏の息子の夕霧は49歳、柏木と源氏の妻である女三宮との付議密通で生まれた薫は14歳~23歳、今上帝と源氏の子供で明石の中宮の子供の匂い宮15歳~24歳(源氏の孫)、玉葛47歳~56歳、大君(玉葛の娘)16歳~25歳、中の君(玉葛の娘)14歳~23歳です。

<あらすじ>

玉葛の夫の髭黒 が亡くなったあとも、経済的には裕福に過ごしていますが、娘の結婚問題に悩んでいます。長女の大君は帝からも冷泉院から求婚されていますが、夕霧に相談をして、院の妃にすることに決めます。

大君は帝はもちろんのことで、熱烈な求婚者であった薫や蔵人の少将(夕霧の息子)もがっくりします。

薫は「竹河」を謡って大君との結婚を求めていました。

「竹河のはしりうち出でし一ふしに深き心の底は知りきや」・・・薫

大君は帝との間に一男一女ををもうけながら、先に妃となっていた弘徽殿の女御の嫉妬にあい実家にもどってきてしまいました。玉葛はこの結婚は失敗だったと薫の愚痴を言います。

“源氏物語「竹河」を読み現代の離婚を考える” の続きを読む