源氏物語 四十八帖 早蕨(さわらび)AI時代に読む

源氏物語をAIの時代をに読む

源氏物語をすべて読み切った方はどれくらいあるのでしょうか。平安時代に光源氏と言うイケメンでプレイボーイが主人公と女性や宮中の物語として何となく知っているとか幾つかの帖は読んだと言われる方は多いもではないかと思います。

しかし、源氏物語は平安時代当時の公家たちの暮らしや政治や経済、また自然災害のことも描かれていることから、男と女の関係だけの物語ではないようです。

しかし、男女間や人間関係の心の動きが描写されていますが、現代社会に通じるように思います。

源氏物語が世界的に評価されていることがわかるような気がします。

AI時代においてはより人が大切になってくると言われますが、人がリアルに描かれた源氏物語は価値ある物語のような気がしています。

“源氏物語 四十八帖 早蕨(さわらび)AI時代に読む” の続きを読む

新型コロナウイルスで今までと違うことが起きて不安だが解決はベーシックインカムか

新型コロナウイルスの広がりどうなるのか

コロナウイルスが世界的に広がり、WHOも警鐘したことが伝えられ、政府・厚生労働省もコロナウイルスについて対策、解説をしています

コロナウイルスに不安を感じられている方は6~7割あると言われています。病院も新型コロナウイルスが学校の休校や事業や施設の休業、仕事もテレワークとなった。収入がなくなりどうしたらよいのかわからないなど、これまで経験したことのない色々な深刻なことも生まれていますね。

いつも家族がお世話になっている病院がコロナウイルスで診療が受けられないことが起き、病院から通院予約の延期の電話がありました。

医療だけでなく、学校の休校やイベントの中止など色々なところ私たちが今まで経験したことのない問題が生まれているようですね。政府の対応も切実に不安を感じられている方たちの不安を解消できる内容にはなっていないようです。

新型コロナウイルスは65才以上の高齢者や疾患を持っている人は肺炎で亡くなられる方があるようですが、ウイルスの特徴が少しづつわかり始めています。しかし、ワクチンや治療薬はまだ開発されていないので、まだ、安心ができるところまでにいたっていませんね。

全世界で対策されてくると思われると思いますが、しばらく時間はかかるそうです。

入国拒否や旅行自粛など人の動きが止まり、世界的な株価の下落など色々な所でコロナウイルスの影響が生まれていますが、暮らしがどんなことになるのか心配です。

新型コロナウイルスが早く終息することを願いますが、拡大の様相もあり、情勢も日々、時間ごとに変わってきていますので確実な情報を把握していきたいものです。

“新型コロナウイルスで今までと違うことが起きて不安だが解決はベーシックインカムか” の続きを読む

新型コロナウイルスと「方丈記」に対策のヒント・災害の歴史を知る

新型コロナウィルス

「新型コロナウィルス」が猛威となり収まらないですね。感染者数は毎日増え続けているようです。

ついに身近なところで病院で病院職員から患者にも感染者が見つかったと報道がありました。85才の母親が入院していますので心配です。この病院は診療休止していると連絡がありました。

学校も休校、スポーツ大会やコンサートも取りやめ、旅行客も激減、輸入も縮小・・・

亡くなられる方も増え、患者数も増え続けているようです。政府も補助金支出を決め、施策を打ち出し、10日程度我慢してほしいなどと言っていますが、10日程度で感染が収まるように在りませんね。

高校野球も中止になりました。

仕事ができないことから給料も入らず生活をどうすれば良いのか。観光客も減、り激減しは商売を続けることができないなど。感染は長期化しそうだとの見方もあり本当に深刻です。

日本全体が活動停止状態か?

どうしたら良いのかわからなくなっています。

“新型コロナウイルスと「方丈記」に対策のヒント・災害の歴史を知る” の続きを読む

現代に蘇る御伽草子と映画やCM

おとぎ話と現代・AI時代のおとぎの国

auのCMは面白い思う、浦島太郎や金太郎、桃太郎や鬼など次から次に御伽草子ので登場人物が次から次と現れどんな内容だったのかと思うことが・・・・

「御伽草子」が現代にリニュアルされて生きているように感じます。AI時代に新な「御伽噺」が生まれてきているようです。

しかし「御伽草子」とか昔話しはどんな内容だったかな?知っているようで知らないことが多くありますね。「御伽草子」の世界を覗いて見たいと思います。

岩波文庫の「御伽草子」を読んで見ることにします。

“現代に蘇る御伽草子と映画やCM” の続きを読む

源氏物語 ・匂兵部卿を読む

源氏物語・ 匂兵部卿

この帳まで読み進めてきて世の中の移りかわりを感じます。

四十二帖の「匂兵部卿」の前は「雲隠」のタイトルのみが記載され、源氏の死亡の状況は書かれていませんが、光源氏は出家し嵯峨に隠棲し2から3年後に亡くなっています。

物語は世代交代で登場人物はかわっています。

四十二帖の「匂兵部卿」では源氏の長男の夕霧も40~46歳になり、物語は夕霧の次の世代に大きく移っています。

源氏の亡くなったあと、六条院は端やかさがなくなり、人々は以前のような華やかさを求めて、源氏の後継者は匂兵部卿と薫だと噂して、人々は光源氏時代の華やかさを求めているようです。

*薫は面向きは源氏と女三宮子供となっていますが、実は柏木と女三宮の不義により生まれた子供です。

*匂兵部卿の母は明石の中宮で源氏の外孫に当たります。

“源氏物語 ・匂兵部卿を読む” の続きを読む