源氏物語 四十八帖 早蕨(さわらび)AI時代に読む

源氏物語をAIの時代をに読む

源氏物語をすべて読み切った方はどれくらいあるのでしょうか。平安時代に光源氏と言うイケメンでプレイボーイが主人公と女性や宮中の物語として何となく知っているとか幾つかの帖は読んだと言われる方は多いもではないかと思います。

しかし、源氏物語は平安時代当時の公家たちの暮らしや政治や経済、また自然災害のことも描かれていることから、男と女の関係だけの物語ではないようです。

しかし、男女間や人間関係の心の動きが描写されていますが、現代社会に通じるように思います。

源氏物語が世界的に評価されていることがわかるような気がします。

AI時代においてはより人が大切になってくると言われますが、人がリアルに描かれた源氏物語は価値ある物語のような気がしています。

“源氏物語 四十八帖 早蕨(さわらび)AI時代に読む” の続きを読む

源氏物語 四十七帖 総角(あげまき)・宇治十条を読む

古典・源氏物語はスマホをもって読む

源氏物語の古典を読むのは現代の言葉と違うことがありますので難しい言葉の使い方ががされていますので難しと思うことがあります。しかし現代がスマートフォンと言う便利なツールがあり簡単に調べることができます。スマホの活用方法の一つだと思います。

“源氏物語 四十七帖 総角(あげまき)・宇治十条を読む” の続きを読む

源氏物語を読む 四十五帖 「橋姫」宇治十帖のはじまり

「橋姫」からはじまる「宇治十帖」

最近本屋さんに行っても「源氏物語」が少なくなったように思いますが、

日本文学全集 「源氏物語」角田光代 訳(河出書房新社)

が出版されとても読みやすいですね。

「源氏物語」に関心がある方にお薦めの本と思いますね。

「源氏物語」は紫式部が書いたと言われる平安時代の貴族社会が書かれたものですが人間、社会などが描かれ現代人や社会につながるものだなと思います。

近年、古文と言われるものに興味をもっています。日本古典の代表と言われる「源氏物語」を読み切ろうと思い読んでいます。これまで四十四帖の「竹河」まで読み進めてきました。

これから「橋姫」橋姫は舞台は宇治に移り宇治のことが書かれ「宇治十条」と言われて「橋姫」の四十五帖から五十四帖の「夢浮橋」の最終場面までのことです。

“源氏物語を読む 四十五帖 「橋姫」宇治十帖のはじまり” の続きを読む

ドライブレコーダーを選ぶポイント。あなたに必要なドライブレコーダーで車と旅を楽しく。

車による事故や事件社会問題に

車による事故や事件が良く報道されています。高齢者のブレーキ踏み違いで死亡事故が起こったなど、また、煽り運転による事件もありますね。こうした報道の中で出てくるのが「ドライブレコーダー」による事故や事件の記録です。事故や事件が実証できる記録がレコーダーに残され裁判などに有効に使われる事になるようです。

“ドライブレコーダーを選ぶポイント。あなたに必要なドライブレコーダーで車と旅を楽しく。” の続きを読む

明智光秀と大河ドラマ「麒麟がくる」で光秀のイメージは変わるのか?

明智光秀を知らない人はいないと思いますが

明智光秀を知らないひとはいないと思われますが、戦国時代の武将で、織田信長を京都の本能寺でおそった謀反人ですが、光秀はなぜ謀反を起したのかが戦国時代の最大の謎だとされています。

その動機は恨み説や黒幕説など50説を数えると言います。その動機の真相はどの説なのでしょうか?・・・・謎解きに臨まれても面白いかも、・・・?戦国歴史ロマンの旅となりそうです。

歴史は現存する限られた資料の中で史実をつきとめていくことになるようです。

明智光秀についても、信長の「信長公記」や江戸時代の元禄に書かれたと言う「明智軍記」などが参考にか書かれたものが多いもとも言われます。

(福知山市発行の「明智光秀の生涯と丹波 福知山」)

明智光秀と言う人物が描かれる場合書く人の立ち位置でそれぞれ違いが生まれているようです。

福知山市が発行した「明智光秀の生涯と丹波 福知山」によりますと・・・

<明智光秀というと枕詞のように「謀反人と言う言葉がついてくる。多くの人が光秀に抱いているイメージは主殺しの大悪人といったところではないだろうか。同じ信長の家臣として車の両輪のようになって活躍した豊臣秀吉の人気と比較すれば一目瞭然である。

ただ、注意しておかなければいけないのは、謀反人とか下克上を「悪」と見るようになったのは江戸時代からである。

江戸時代の儒教的武士道徳が一世を風靡する中で、謀叛とか下克上は「悪」とされるようになったのであり、戦国時代はむしろぞれらは是認されていた。

織田信長であっても、主筋にあたる清洲織田を滅ぼして尾張一国の戦国大名となっていたのである。

そしてもう一つ「歴史は勝者が書いた勝者の歴史である」という点も見ておかなければならない。>

確かに今日のように情報処理や経済など現代社会と全く違う時代に置いて同じ視点や考え方で判断すると違う時代が描かれてると思われます。

大河ドラマはドラマとして楽しめるようなドラマになれば良いとは思いますが、史実とは違い描かれることはあるとは思います。

“明智光秀と大河ドラマ「麒麟がくる」で光秀のイメージは変わるのか?” の続きを読む

源氏物語 ・匂兵部卿を読む

源氏物語・ 匂兵部卿

この帳まで読み進めてきて世の中の移りかわりを感じます。

四十二帖の「匂兵部卿」の前は「雲隠」のタイトルのみが記載され、源氏の死亡の状況は書かれていませんが、光源氏は出家し嵯峨に隠棲し2から3年後に亡くなっています。

物語は世代交代で登場人物はかわっています。

四十二帖の「匂兵部卿」では源氏の長男の夕霧も40~46歳になり、物語は夕霧の次の世代に大きく移っています。

源氏の亡くなったあと、六条院は端やかさがなくなり、人々は以前のような華やかさを求めて、源氏の後継者は匂兵部卿と薫だと噂して、人々は光源氏時代の華やかさを求めているようです。

*薫は面向きは源氏と女三宮子供となっていますが、実は柏木と女三宮の不義により生まれた子供です。

*匂兵部卿の母は明石の中宮で源氏の外孫に当たります。

“源氏物語 ・匂兵部卿を読む” の続きを読む