「麒麟が くる」と沢尻エリカ・光秀の夢

NHK 大河ドラマ「麒麟がくる」の明智光秀の謎

戦国時代の武将の明智光秀は知らない人はいないと思われますが、しかし明智光秀ぐらい謎に包まれた人物はいないと言われます。なぜなら光秀40歳頃に織田信長に抱えられ信頼を得て、彗星のごとく歴史舞台に登場し、本能寺の変を起した人物です。光秀の前半生は謎に包まれているのです。

明智光秀が有能な戦国武将でありながら映画やドラマで主人公として描かれてこなかったのは「謀反人」と言うレッテル主人公として描ききれなかったのではないかと思います。歴史は常に勝者によって描かれてきたのが歴史です。現代社会もそうかもしれませんね。

戦国時代は、親殺し、子殺しが行われ肉親の間でも戦われた時代ですので、当時の人達は、本能寺の変はどのように考えていたのでしょうか?

“「麒麟が くる」と沢尻エリカ・光秀の夢” の続きを読む