現代に蘇る御伽草子と映画やCM

おとぎ話と現代・AI時代のおとぎの国

auのCMは面白い思う、浦島太郎や金太郎、桃太郎や鬼など次から次に御伽草子ので登場人物が次から次と現れどんな内容だったのかと思うことが・・・・

「御伽草子」が現代にリニュアルされて生きているように感じます。AI時代に新な「御伽噺」が生まれてきているようです。

しかし「御伽草子」とか昔話しはどんな内容だったかな?知っているようで知らないことが多くありますね。「御伽草子」の世界を覗いて見たいと思います。

岩波文庫の「御伽草子」を読んで見ることにします。

“現代に蘇る御伽草子と映画やCM” の続きを読む

明智光秀と戦国の世を推理する。「麒麟がくる」の大河ドラマはどのように描かれるのか

明智光秀が脚光を浴び、お城巡りを知る人が増えているようです。

2020年の大河ドラマの「麒麟がくる」がクランクインしています。

大河ドラマは戦国時代がよく取り上げられていますが、「麒麟がくる」は明智光秀ですね。明智光秀は本能寺の変を起こした人物としてがよく知られています。

明智光秀は「謀反人」とか「三日天下」など言われる事が多く、余り良いイメージの武将でないことから主役になることはありませんでした。

また、人物像としても強いキャラの人物としては描かれていませんでした。

大河ドラマはどんな人物に描かれていくのでしょうか?

戦国時代の最大の謎とされているのが明智光秀はなぜ本能寺で織田信長をおそったのかのと言う「本能寺の変」の謎です。これまで光秀の犯行説と黒幕に大きく分かれながらも色々な説があり語られています。

歴史は限られた資料の中で史実を掘り起こし考えていくことなので、難しく色々な説が生まれてくることになります。新しい資料が発見されることで歴史が塗り替えられることもあります。これが歴史の面白さかもしれません。

明智光秀も大河ドラマになることで新な資料が発見され光秀の新な人間像などが塗り替えられることになるかも知れません。

大河ドラマになると言うことで光秀ゆかりのお城などの史跡に観光する人が増えているようです。

“明智光秀と戦国の世を推理する。「麒麟がくる」の大河ドラマはどのように描かれるのか” の続きを読む

auの三太郎は童話

三太郎はauのキャラクターで、浦島太郎、金太郎、桃太郎の童話の人物が登場し面白い。

鬼が登場しますが、童話に登場する鬼とは少し違い、何かほっとするストーリーになっています。

CMの短い時間の中で色々登場人物があります。

登場人物の関係を見てみることにしました。

日本の童話などをモチーフに描かかれた人物が登場し親しみのわくCMだと思います。いつもは何気なくボ-として見ているものだったのですが少し気にかかりましたので調べてみました。

「三太郎」は伝説や童話のキャラクターが登場しましすが、キャラクターのどんな童話か話せる人がどれだけあるのだろうかと思います。

三太郎は、桃太郎、浦島太郎、金太郎のから物語はなじみ深いものですので親しみがわきます。しかし、桃太郎の話。浦島太郎の話。金太郎の話。どんな内容でしたか?聞かれると答えられない話もありますね。少し実の童話を読んでみましたが面白いですね。

“auの三太郎は童話” の続きを読む