年金制度と暮らし・社会保障制度の今後

年金制度について関心が高まっています

高齢化社会の日本で老後どれくらいのお金が必要なのかと言うことですね。誰でも老後はお金のことで余り心配がないように暮らしたいと思っていると思います。政府から老後の生活費は○○〇〇万円などと言われると考えてしまいますね。

2,000万円などと言う数字が公表されていますが、計算をすれば導かれる数字のようです。

暮らしにかかってくる経費は人や家庭により大きく違います。考え方によっても変わると思います。

年金問題が週刊やテレビなどで良く取り上げられるようになってきました。「年金はいくらもらえるのだろうか?」「年金は破綻するのか」「年金で老後は暮らすことができるのか」など老後の生活費のことが心配になってきます。 “年金制度と暮らし・社会保障制度の今後” の続きを読む

生活と年金はどうなるの?

年金のことがネットでも話題になっています

年金はわかっているようでわかっていないような問題かもしれません。考えてみればなじみのない用語もあり知らないことも多いです。

なじみのない言葉が多いと難しく感じてしまいます。考えてみれば国や会社や個人が働くことが出来なくなる老後。老後を字の通り受け散れば老の後で死ぬ時ですが、定年退職後の生活で、アンケートでは65歳以上を老後と考えている方が多いようです。

年を取れば体力が衰え、働き続けることが難しくなりますね。高齢者の生活を支えるのが年金制度ですが、年金を支える財源は、国民と国と企業が拠出し支えていますが、その財源をどうするのかが問題になっています。

国民・働く人から徴収される負担額は給料、所得の額で決められていきます。企業で働く人の掛け金は経営者と労働者に折半で掛け金が拠出されています。

多く人が加入するでは国民年金では…・・・

更新日:平成31年3月18日
平成30年1月26日厚生労働省は、平成30年度(平成30年4月~平成31年3月まで)の国民年金保険料を月額16,340円(前年度▲150円)とする発表を行いました。また平成31年度については16,410円(前年度+70円)となります。

厚生年金では     年金  保険料 は18.3%徴収されていきますが、会社との折半の個人負担となります。300,000円の給料ならば27,450円の負担となります。

*健康保険料の負担は30,000円として会社との折半で15.000円ぐらいの掛け金となります。

*社会保険料は日本では医療保険、年金保険、介護保険、雇用保険、労災保険の5種類と言われますが、年金と健康保険では42,450円ぐらいの掛け金となり月々の社会保険料の負担は大きいですね。

*現在の年金支給額、特に国民年金だけでは安心して暮らせる金額ではないですね。「安心できる年金」とならないです。

“生活と年金はどうなるの?” の続きを読む

年金と老後・AIの時代・・・知恵

年金と暮らしの設計をどうするのか

年金の問題が議論されています。

年金は定年退職で老後の生活をしていくもので欠かすことのできない制度だと思います。この制度が、時代の変化の中で変わろうとしています。

年金制度は国の根幹に関わる問題だと思いますね。

高度成長時代と言われる経済が伸びていく時代では、雇用や賃金も増え、経済も伸びていき、年金を負担する労働者や負担金額も増えていく時代でしたが、現代は大きく変わり、今後も変化していくと思います。

高齢者の増加、子供の人数も減少、人口減少又外国人労働者の増加など経験したことのないことが生まれて来ています。年金制度もこれまでと同じにはならないようです。

年金制度がなくなる事はないと思いますが、変わることは間違いないでしょう。

どんな制度になっていくのでしょうか。年金制度だけでなく社会保障制度自体が変わると思います。

例えば「ベーシックインカム」と言う制度も検討や試験導入されていると言います。簡単に言えば、Alがもたらす経済利益を国民に還元する制度らしいです。

今後どのような制度になっていくのかと思います。しかし、多くの人は年金だけでくらしていけないです。

長寿で100歳時代だとして70歳まで働けるとする主張もあるようです。

“年金と老後・AIの時代・・・知恵” の続きを読む

働き方と定年・どうしようか?

定年をどう考えましょうか?

長年働いてきて定年が近づきてくると、定年後をどうしようかと考える方が多いと思います。

企業では「定年延長選択制」と言う制度を設ける企業もありますね。定年を60歳から65歳に引き上げ引き続きその企業で働くことが保障されます。

65歳定年制度は、再雇用制度は幾つかのメリットがあるようです。60歳から65歳までの雇用が保証されます。福利厚生制度が継続され企業年金も上積みされることなどがありますね。

こうした背景には国の「高齢者雇用促進法」に沿って進められ、企業に実施が求められます。この法制制度の変更は高齢化や少子化など生産年齢人口の現象などによる年金制度の実情から法制度が改変されてきているようです。

“働き方と定年・どうしようか?” の続きを読む