万葉集を知りたい

万葉集

万葉集と元号

万葉集二十巻がほぼ今日見る形で成り立ったのは桓武天皇の初期、天応から延暦にかけての時期(781年~783年)であり、その形成に直接かかわったのが万葉末期を代表する歌人、大伴宿禰家持(おおともしゅくねやかもち)であったと推察されると言われます。

「明確なものとしては日本史上初めて元号の出典が漢籍でなく日本の古典となった」と言われます。

元号は中国の文献から選ばれるのが習わしであったことから、歴史上初めて日本古来の文献である「万葉集」から「令和」と決められたなどで、万葉集に関心が集まっているようです。

“万葉集を知りたい” の続きを読む