神々の贈り物・里芋の旬の料理は色々・健康と京都の味を楽しむ!

食を楽しむ

秋は食欲の秋と申します。食文化はそれぞれの地域や国に根付いているものですが、健康のためのは地域で収穫されたものを食べる事が理にかなってると言われています。いわゆる「地産地消」という考え方です。

そんな中で道の駅や直売所などで旬ものや聞いたことのない野菜に出会う

日本は世界各国料理が短かで。食べられるようになってきました。これは良い事なのか、心配されることなのか?

世界の食事ができるようになっている反面、食料自給率の低下や食品廃棄物が大量に発生していることも問題となっているようです。

こうした中で食の旬がわかりにくくなっているのも今日の状態でもあるのかなと思ってしまいます。

旬のものを食べることは健康とも結びついていくようです。高齢化が進んでいる中で「健康寿命」で過ごしていきたいものです。旬のものを食べる考え方は京都ほで生まれたと言われています。宮中料理から広がったのが日本料理となっていったようですね。

“神々の贈り物・里芋の旬の料理は色々・健康と京都の味を楽しむ!” の続きを読む

一人暮らしと高齢者と生きがい

一人暮らしが増えている

一人暮らしはそれぞれの理由がありますね。結婚をしていない、死別したなど一人一人それぞれ違い、ひとくくりで言えるものではないと思います。

日本は少子、高齢化、人口減少の中で増加していくと言われていますが、現在でも一人暮らしの方は多いですね。孤独死と言うのもニュースになり社会問題に浮上したりしています。

一人と言う言葉には孤独と言う言葉がついて回っているようですが、「一人」や「孤独」と言うイメージはどのようにとらえられているのでしょうか?「気楽」とか「寂しい」とか合い反するとらえ方があるようです。

“一人暮らしと高齢者と生きがい” の続きを読む

健康で長生きは朝食にあり

毎日朝ご飯を食べていますか?

朝ご飯を食べない人もあると言いますが、健康のために朝ご飯は食べることが良いと言われます。朝ご飯はどのような朝ご飯ですか?

サライの大特集として「健やかな一日はここからはじまる・朝めしで長生き」が組まれていました。健康で過ごすには朝ご飯を食べることが大切だとの話は聞いていましたが、どうして朝食べることが大切なのでしょうか。

順天堂大学の医学部教授の小林弘幸さんは自律神経研究者の第一人者で、自立神経は内臓器官や血管の働きをコントロールする神経のことで、交換神経と副交感神経に分けられる。

日中に優位になる交換神経の働きが上がると心身とも行動的な状態になり、血管は収縮し、血圧は上昇、気分は高揚する。

一方副交感神経は夜に優位になり、この働きが上がることは体は弛緩の状態に向かう。

血管は適度の状態で緩み、血圧は低下し、気分は落ち着いて冷静な状態になる。この二種類の神経のバランスが整っている状態が理想的だと言われます。

小林さんはこの理想的な状態の自立神経のバランスを整えるのが朝だと言われます。人間の体には新陳代謝やホルモン分泌など行う体内時計ありこの体内時計をキチンと正常な状態に保つのに欠かせないのが太陽の光と朝食だと言われます。

“健康で長生きは朝食にあり” の続きを読む

マーボ豆腐は手軽で美味しい

  •   マーボ豆腐

マーボ豆腐は作るのが楽しいしくて美味しい!

マーボ豆腐はレトルトなど簡単に作れるものが沢山あります。マーボ豆腐レシピネットで調べるとずらりと並びどのレシピが良いのか迷います。それだけ好まれている料理と言えます。家庭料理は好みの味ない仕上げることが出来るものです。

市販のものは味、特に辛味がどれくらいなのかがわからなので気になるところですが家庭料理は好みの辛さに仕上げることが出来ます。

“マーボ豆腐は手軽で美味しい” の続きを読む

隠れインフルエンザとは何

インフルエンザ大流行

今年はインフルエンザの大流行ですね。病院に行くとマスク着用や手洗いをするようにと広報されていました。「隠れインフレエンザ」と言うことも聞くようになりましたが、インフルエンザのワクチンをしていても安心ができないのがインフルエンザです。安心できないからといってもしておくことが必要ですね。

隠れインフルエンザとは熱の出ない症状などインフルエンザの高熱などの症状がわかりにくいインフルエンザのことだと言われます。

予防接種された方や高齢者などで高熱が出ない場合もあり隠れインフルエンザと言われているようです
“隠れインフルエンザとは何” の続きを読む

酒の旬と味わい

造り酒屋

「造り酒屋」「酒蔵」などを聞くと歴史ある酒蔵を思い浮かべ飲んで見たい思います。こうした造り酒屋の作り立ての酒はすごくおいしいものが多いですね。美味しいお酒に出会うためにはツアーがいいかも知れません。

現代では試飲ができる造り酒屋さんが多いです。造り酒屋巡りもいいものだと思っています。

 京都府伊根町の向井酒造

さて、日本酒の美味しい季節ですね。酒は旬の食とも合うものですね。酒と肴は切り離すことのできないものです。酒とは何なのか「日本の酒」が岩波文庫にありましたので読んでみることにしました。卑弥呼から現代までお酒の旅です。

“酒の旬と味わい” の続きを読む

MBS毎日・教えてもらう前と後 鯖缶、イワシ缶など缶詰を考える

缶詰は素晴らしい

缶詰を見直します。優れた健康的な食品でもあり、おいしさが閉じ込められた食品でもありますね。

「教えてもらう前と後」を見ていてそんなことを思いました。鯖缶詰めや、イワシの缶詰は健康的に良い食品で、尚美味しいものです。しかし、少し料理としては質の低いものとして見ていませんでしたか?

缶詰で作った料理はどちらかと言えば手抜き料理と考えていませんか。缶詰を使ったものは決して手抜きではなく、缶詰めは優れた食品として見ると料理もまた違ったものに見えてきますね。
“MBS毎日・教えてもらう前と後 鯖缶、イワシ缶など缶詰を考える” の続きを読む

豆腐の贈り物・美しくなる食べ物

豆腐の世界

豆腐とは何なのでしょうか。湯豆腐、鍋や味噌汁、冷奴などで料理で食べられることが多いと思いますが、豆腐の種類が、木綿豆腐、絹ごし豆腐、焼き豆腐などに加えて、鍋用、ゆず入り豆腐など沢山の種類がありますね。豆腐はケーキなどお菓子材料としても使われることがあります。

現在は豆腐は色々な商品が生まれています。豆腐は中国から入ったものですが、日本固有の豆腐として広がっています。健康的な食品で美容効果もあると言われています。

“豆腐の贈り物・美しくなる食べ物” の続きを読む

京都・日本酒の季節・酒蔵巡りの旅

京都のお酒

私たちと日本酒は古来から深いつながりがありますね。日本全国銘酒は沢山あります。色々な銘酒を味わいたいものです。地酒は個性豊かなものが沢山ありますね。そんな地酒を求めて歩くのも良いかも知れません

京都の伏見は日本有数の酒どころで酒蔵も多いところです。しかし、京都の酒は伏見だけでなく田舎にも美味しい酒蔵は沢山あります。

少し、京都の北部地域の丹後の歴史ある酒蔵を訪ねてみました。それぞれ個性豊かなお酒を造られています。

“京都・日本酒の季節・酒蔵巡りの旅” の続きを読む