源氏物語 四十八帖 早蕨(さわらび)AI時代に読む

源氏物語をAIの時代をに読む

源氏物語をすべて読み切った方はどれくらいあるのでしょうか。平安時代に光源氏と言うイケメンでプレイボーイが主人公と女性や宮中の物語として何となく知っているとか幾つかの帖は読んだと言われる方は多いもではないかと思います。

しかし、源氏物語は平安時代当時の公家たちの暮らしや政治や経済、また自然災害のことも描かれていることから、男と女の関係だけの物語ではないようです。

しかし、男女間や人間関係の心の動きが描写されていますが、現代社会に通じるように思います。

源氏物語が世界的に評価されていることがわかるような気がします。

AI時代においてはより人が大切になってくると言われますが、人がリアルに描かれた源氏物語は価値ある物語のような気がしています。

“源氏物語 四十八帖 早蕨(さわらび)AI時代に読む” の続きを読む

源氏物語 四十七帖 総角(あげまき)・宇治十条を読む

古典・源氏物語はスマホをもって読む

源氏物語の古典を読むのは現代の言葉と違うことがありますので難しい言葉の使い方ががされていますので難しと思うことがあります。しかし現代がスマートフォンと言う便利なツールがあり簡単に調べることができます。スマホの活用方法の一つだと思います。

“源氏物語 四十七帖 総角(あげまき)・宇治十条を読む” の続きを読む

源氏物語を読む 四十五帖 「橋姫」宇治十帖のはじまり

「橋姫」からはじまる「宇治十帖」

最近本屋さんに行っても「源氏物語」が少なくなったように思いますが、

日本文学全集 「源氏物語」角田光代 訳(河出書房新社)

が出版されとても読みやすいですね。

「源氏物語」に関心がある方にお薦めの本と思いますね。

「源氏物語」は紫式部が書いたと言われる平安時代の貴族社会が書かれたものですが人間、社会などが描かれ現代人や社会につながるものだなと思います。

近年、古文と言われるものに興味をもっています。日本古典の代表と言われる「源氏物語」を読み切ろうと思い読んでいます。これまで四十四帖の「竹河」まで読み進めてきました。

これから「橋姫」橋姫は舞台は宇治に移り宇治のことが書かれ「宇治十条」と言われて「橋姫」の四十五帖から五十四帖の「夢浮橋」の最終場面までのことです。

“源氏物語を読む 四十五帖 「橋姫」宇治十帖のはじまり” の続きを読む

源氏物語「竹河」を読み現代の離婚を考える

「竹河」あらすじ

源氏物語から平安貴族社会がわかります。現代社会も平安貴族社会文化が引き継がれているようです。平安貴族たちはその日の行動を風水占いで決めていたようですが、現代でも私たちは風水を信じることがありますね。

登場人物は、源氏の息子の夕霧は49歳、柏木と源氏の妻である女三宮との付議密通で生まれた薫は14歳~23歳、今上帝と源氏の子供で明石の中宮の子供の匂い宮15歳~24歳(源氏の孫)、玉葛47歳~56歳、大君(玉葛の娘)16歳~25歳、中の君(玉葛の娘)14歳~23歳です。

<あらすじ>

玉葛の夫の髭黒 が亡くなったあとも、経済的には裕福に過ごしていますが、娘の結婚問題に悩んでいます。長女の大君は帝からも冷泉院から求婚されていますが、夕霧に相談をして、院の妃にすることに決めます。

大君は帝はもちろんのことで、熱烈な求婚者であった薫や蔵人の少将(夕霧の息子)もがっくりします。

薫は「竹河」を謡って大君との結婚を求めていました。

「竹河のはしりうち出でし一ふしに深き心の底は知りきや」・・・薫

大君は帝との間に一男一女ををもうけながら、先に妃となっていた弘徽殿の女御の嫉妬にあい実家にもどってきてしまいました。玉葛はこの結婚は失敗だったと薫の愚痴を言います。

“源氏物語「竹河」を読み現代の離婚を考える” の続きを読む

一人暮らしと高齢者と生きがい

一人暮らしが増えている

一人暮らしはそれぞれの理由がありますね。結婚をしていない、死別したなど一人一人それぞれ違い、ひとくくりで言えるものではないと思います。

日本は少子、高齢化、人口減少の中で増加していくと言われていますが、現在でも一人暮らしの方は多いですね。孤独死と言うのもニュースになり社会問題に浮上したりしています。

一人と言う言葉には孤独と言う言葉がついて回っているようですが、「一人」や「孤独」と言うイメージはどのようにとらえられているのでしょうか?「気楽」とか「寂しい」とか合い反するとらえ方があるようです。

“一人暮らしと高齢者と生きがい” の続きを読む

NHK大河ドラマ「麒麟が来る」光秀は死んでいない

麒麟がくる

2020年のNHKの大河ドラマは「麒麟がくる」になっています。戦国時代の最大の謎とされる「なぜ明智光秀は主君の織田信長を襲撃して殺害したのか」に迫りながら謀反人としての明智光秀の人物像から知識人、有能な人間味あふれる人物として描かれるようです。主演の長谷川さんは「明智光秀は天海僧正になったという説がありますがそんな人物像が・・・」と言われていましたがどのような人物像が描かれるのでしょうか?

キャストが決まり発表されました 明智光秀は朝ドラ「まんぷく」の萬平さんの長谷川博己(はせがわひろき)さんです。

“NHK大河ドラマ「麒麟が来る」光秀は死んでいない” の続きを読む

酒の旬と味わい

造り酒屋

「造り酒屋」「酒蔵」などを聞くと歴史ある酒蔵を思い浮かべ飲んで見たい思います。こうした造り酒屋の作り立ての酒はすごくおいしいものが多いですね。美味しいお酒に出会うためにはツアーがいいかも知れません。

現代では試飲ができる造り酒屋さんが多いです。造り酒屋巡りもいいものだと思っています。

 京都府伊根町の向井酒造

さて、日本酒の美味しい季節ですね。酒は旬の食とも合うものですね。酒と肴は切り離すことのできないものです。酒とは何なのか「日本の酒」が岩波文庫にありましたので読んでみることにしました。卑弥呼から現代までお酒の旅です。

“酒の旬と味わい” の続きを読む

  高齢化社会と 源氏物語 四十一帖 幻(まぼろし)・雲隠・・・あらすじ

源氏物語を41帖まで読み進めると源氏物語が現在の私たちの暮らしや生き方と共通するところが多くあるように思います。

人の一生は長いようで、短いものです。源氏の年齢は52歳、明石の君は43歳、明石の中宮は24歳、匂宮は6歳、薫5歳、夕霧31歳となっています。最愛の明石の君を亡く悲しみは強まるばかりです。春になり、源氏は出家をしようとする思いを一層募らせるようになっています。

“  高齢化社会と 源氏物語 四十一帖 幻(まぼろし)・雲隠・・・あらすじ” の続きを読む

面白い源氏物語と秋と四十帖 御法(みのり)

源氏物語を四十帖御法まで読み進めてきますと、当時の貴族たちの死生観がにじみでてくるように思います。源氏も51歳となっています。世代も次の世代に移っていき、源氏の生涯の終末を感じるようになります。

<御法(みのり)みのり)のあらすじ>

紫の上は体調を崩され、病弱で過ごされ、出家を望まれるようになっています。お子もなくこの世の栄華を見つくされ、この世に生き続けたいと思いはなく仏事を営まれています。そかし、源氏は一人になることが寂しいと思い紫の上の出家を許してはいません。

紫の上は二条院で盛大な法要を営みます。源氏をはじめ関係者が総出で豪華絢爛の儀式となります。紫の上は儀式の中で自らの死を予感します。法要のあと、酷暑の中で紫の上は衰弱していきます。

幼い若宮たちも見舞いにきますが、若宮たちの成長を見届ける事の出来ない我が身を悔やみ、運命に涙をします。

8月14日、源氏と明石の中宮に看取られながら亡くなります。

葬儀は夕霧がとりしきり無事終わりますが、源氏は心から慕っていた妻を失い出家の願望を強くしていくことになります。

“面白い源氏物語と秋と四十帖 御法(みのり)” の続きを読む

戦国時代の謎を探る・知将の武将

戦国時代は謎だらけ

戦国時代は映画やドラマばどで扱われていますが、比較的史実が解明されているのではないかと思われがちですが謎は多いですね。

戦国の世は毎日のように戦さが行われていたかと言えば、戦をするためには準備頭脳を使い準備を整えて戦っていたようです。また、武芸が優れたものだけが優れたものではなく頭脳を働かせ生き残っていったようです。

戦国の世も現代にように生き残るためには知性や教養は必須条件であったようですね。

戦国時代の武将たちはどんな考え方で戦国の世を生きていたかは残された資料も少なく謎も多いです。

“戦国時代の謎を探る・知将の武将” の続きを読む