断捨離・歴史的価値を見る山岳雑誌・岩と雪とスポーツクライミング

今では古書といえるのかも知れない

1980年代から1990年代の山岳雑誌で、「山と渓谷」「岳人」「岩と雪」が我が家にあります。廃棄しようかと考えましたが貴重な文書もあるようですので、どうしようかと考えています。古書を扱っているところがあるようなので送ろうと思っています。山岳関係の古書を扱う専門店であれば引き取っていただけそうです。

古書は面白いと思います。現代と比較すれば新たな発見もあります。山岳雑誌を整理しながら過去にタイムスリップしています。

古書を読むことは史実を知ることであり、史実を知ることで現代を知り未来を予測することにつながると思います、

山岳1980年代の雑誌を庶んでいると過去、現在、未来につながっていることがわかります。

山登りのはじまりは宗教や信仰との関係があると言われています。新田次郎の小説の「剣岳 天の紀」がものがたっているように思います。

<出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)>

1906年(明治39年)、参謀本部陸地測量部の測量官・柴崎芳太郎に未踏峰とされてきた剱岳への登頂と測量の命令が下った。それは日本地図最後の空白地帯を埋めるという重要かつ困難を極める任務であった。
山麓の山案内人とともに測量に挑んだ男たちは山岳信仰から剱岳を畏怖する地元住民の反発、ガレ場だらけの切り立った尾根悪天候雪崩などの厳しい自然環境日本山岳会との登頂争い、未発達な測量技術と登山装備など様々など・・・

が描かれています。映画化もされています。実に面白い作品ですね。

“断捨離・歴史的価値を見る山岳雑誌・岩と雪とスポーツクライミング” の続きを読む

統一地方選挙と立候補者

今年は統一地方選挙にあたります

地域では市会議員選挙が行われ、宣伝カーが走り賑やかになっていますね。選挙も近年では様変わりしています。地方選挙では立候補する人がいなく定員が埋まり無投票当選や定員割が心配されるなどが起きている市町村もあるようです。以前は「我が町、我が村」をどう守るのかなど関心があり地域推薦のそれぞれの候補者が選挙事務種を構えて選挙戦を戦い、ハチマキをした村人が座り、村ぐるみ選挙戦が戦われていました。

選挙になりますと炊き出し(料理)がふるまわれ、中には選挙事務所まわりをして食べ歩きをする輩もいたようです。選挙違反ではありますが票を買うため現金が動くことがあり選挙が終わればどこかの事務所が摘発されることが良くありました。

昭和時代の地方の選挙は現代から見ると活気がある選挙選の一方、現代からは考えられないような地縁、血縁の選挙だっだったようです。「どこどこの村にはお前とこの親戚があるやろ一票だけはもらうように頼んで来い」などと言うような選挙ですね。

また青年団活動の中から候補者が選出されるようなこともありました。

もちろん、選挙は政党も候補者出されて戦って戦われています。

 

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)

統一地方選挙(とういつちほうせんきょ)は、地方公共団体における選挙日程を全国的に統一して実施される日本の地方選挙である。ある一定期間に任期満了となる都道府県や市区町村の首長および地方議会議員について4年に1度(卯年、未年、亥年)実施される。

“統一地方選挙と立候補者” の続きを読む

萩原健一さんの死

昭和の個性俳優・萩原健一さん

昭和の歌手、名優の萩原健一さんが亡くなられました。また一人個性的な方が亡くなられ寂しいですね。昭和は少しづつ遠くなり新しい時代が生まれつつありますね。

萩原健一さんは埼玉県出身の方ですが、ザ・テンプターズのボーカルで

病気はGIST(ジスト)と言う病気だということです。

GIST(ジスト:Gastrointestinal Stromal Tumor)は、胃や腸の消化管壁の粘膜下にある未熟な間葉系細胞に由来する「肉腫」の一種とされ、いわゆる「がん」とは異なります。消化管粘膜下にできる腫瘍はGISTだけとは限らず、良性の平滑筋腫、神経鞘腫や悪性の平滑筋肉腫などもあります。GISTの発症率は年間に10万人に対して1人から2人くらいとされ、まれな腫瘍です。発症には男女差がなく、胃に最も多く見られ、序で小腸、その他の消化管になります。殆どの年齢層に見られますが、中高年に好発(60歳代でピーク)します。
症状について
吐き気や腹痛、下血・吐血やそれに伴う貧血などが起こることがあります。他の病気でもあらわれる症状ばかりで、GIST特有の自覚できる症状は特にありません。腫瘍が大きくなってからでないと症状が出ないため、発見が遅れることがしばしばみられます。を確認します。また、細胞を採取して検査し、免疫組織染色でKIT陽性あるいはDOG1陽性であればGISTと診断されます(病理診断を参照)。
治療について
GISTあるいはGISTが強く疑われる腫瘍に対しては原則的に手術治療を行います。組織採取が難しい小さい腫瘍、無症状の場合は経過観察の方針となることもありますが、GISTと診断された場合は、現在の日本のガイドラインでは腫瘍の大きさなどに関わらず、手術による治療が勧められています。GISTが見つかった時点で主病巣以外の場所にも転移を起こしているような場合は、内科的治療(化学療法)の適応となります。化学療法の効果、経過によっては、改めて外科的切除を考慮することもあります。このような進行したGISTに対する集学的治療は未だ確立した治療とはいえず、当センターでは肉腫専門の内科医や外科医、そして放射線科医などが密接に連携をとりながら、個々の状況に応じて治療方針を検討し患者さんに提案しています。

それにしてもがんで亡くなる方は多いですね。

“萩原健一さんの死” の続きを読む

昭和とテレビと視聴率

昭和の時代

東京オリンピックが開催された昭和の時代は「高度経済成長」の時代でした。現代では想像ができないよう

な忙しい中でも何か夢のある時代だったのかもしれません。現代の夢はどんな夢なのでしょうか。戦後の昭和はどのような時代だったのでしょうか?

東京オリンピック開催がせまり、大阪万博の開催が決まるなど1960年、1970年を思い起すようなことが生まれています。また、平成から次の元号が制定されようとしています。

何か、時の流れを感じますね。昭和を振り返える時「テレビ」は欠かすことのできないものですね。

昭和の時代は家族みんながお茶の間でテレビを見ることが当たり前で、チャンネルの奪い合いがありました。現代では考えられないことですね。当時はまだカラーテレビもなく、リモコンスイッチがないテレビでした。

こうした中でテレビの視聴率もNHKの紅白歌合戦や朝ドラなども80%と50%を超えるような番組も続出していたようです。1963年の紅白歌合戦は80.4%と言う驚異的な視聴率だったようです。現代では20%を超えると高い視聴率と言われるようです。かなりの開きです。

(紅白歌合戦視聴率)

1962年 80.4%

1963年 81.4%

2018年 57.2%

(朝ドラ)

1971年 繭子ひとり 47.4%

1983年 おしん   52.9%

2013年 あまちゃん 20.6%

番組によっては10%を切る番組があり色々と出演者や番組内容でネットでニュースになっています。

サザエさん

 

現在視聴率は昭和の時代と比べて落ちる傾向にあるようですが、情報化が進みスマホの普及など携帯端末広がる中では時代の流れですが、テレビは依然として必要とされていることは間違いないと感じます。

“昭和とテレビと視聴率” の続きを読む

昭和の名曲フォークソング・花嫁誕生のドラマ

昭和時代への関心

現代昭和に関心が集まっているように感じることがあります。昭和はク東京オリンピックや大阪万博が開催され盛り上がった時代で、現在も東京オリンピック、大阪万博の開催が決まるなど同ようなことが起きているからかもしれません。

当時音楽では、昨年亡くなられた「はしだのりひこさん」や「きたやまおさむさたち」と組んでアマチュアバンドとして活躍していた「ザ・フォーク・クルセダーズ」に人気がありました。

1965年頃は多くの若者がラジオの深夜番組を聞いて受験勉強をしていて、「ザ・フォーク・クルセダーズ」の「帰ってきたヨッパライ」という曲がラジオの深夜番組流されていました。

その深夜番組から火がつき大ヒット曲になったと言われます。現代で言うと曲がネットから広がったと言うようなことだったのではないかと思います。情報化時代の先駆けと言えるかもしれませんね。

“昭和の名曲フォークソング・花嫁誕生のドラマ” の続きを読む