神話を知る・私たちはどこから来たのか

私たちはどこから来たのか

天皇の生前退位が行われ元号が「令和」になりました。改めて天皇と日本の起源について考えてみました。日本の歴史は「古事記」や「日本書記」から知ることもできますね。

「古事記」や「日本書記」は解説つきを読むのですが、古い言葉で書かれているのでなかなか理解することができません。

でも「古事記」は面白いですね。

「天孫降臨」出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

天孫降臨(てんそんこうりん)とは、天孫邇邇藝命(ににぎのみこと)が、天照大御神神勅を受けて葦原の中つ国を治めるために、高天原から筑紫日向[1][2]高千穂峰へ天降(あまくだ)ったこと。 邇邇藝命は天照大御神から授かった三種の神器をたずさえ、天児屋命(あまのこやねのみこと)などの神々を連れて、高天原から地上へと向かう。途中、猿田毘古神(さるたひこのかみ)が案内をした。『記紀(古事記と日本書紀)』に記された日本神話である。

 

中大兄皇子(天智天皇)らによる蘇我入鹿暗殺事件(乙巳の変(いっしのへん、おっしのへん))に憤慨した蘇我蝦夷は大邸宅に火をかけ自害した。この時に朝廷の歴史書を保管していた書庫までもが炎上したと言われる。『天皇記』など数多くの歴史書はこの時に失われ「国記」は難を逃れ天智天皇に献上されたとされるが、共に現存しない。天智天皇は白村江の戦い新羅連合に敗北し、予想された渡海攻撃への準備のため史書編纂の余裕はなかった。その時点で既に諸家の『帝紀』及『本辭』(『旧辞』)は虚実ない交ぜの状態であった。壬申の乱後、天智天皇の弟である天武天皇が即位し、『天皇記』や焼けて欠けてしまった『国記』に代わる国史の編纂を命じた。その際、28歳で高い識字能力と記憶力を持つ稗田阿礼に『帝紀』及『本辭』(『旧辞』)などの文献を「誦習」させた。その後、元明天皇の命を受け、太安万侶が阿礼の「誦習」していた『帝皇日継』(天皇の系譜)と『先代旧辞』(古い伝承)を編纂し、『古事記』を完成させた。

日本の成り立ちが書かれていますが神々が日本を作ったという神話です。

“神話を知る・私たちはどこから来たのか” の続きを読む

天皇と古事記と神話

天皇交代は歴史に刻まれる大きな行事

週刊現代に「公文書で楽しむ天皇交代」の記事がありました。式は伝統に基づく色々な決まり事で進められるようです。庶民にはなじみのないことが多くあるようです。

皇室の儀式は引き継がれ、儀式はかなりの経費が使われているようです。どれくらいの経費が使われているのでしょうか。週刊現代によると・・・

◎即位礼正殿の儀の招待客は約2,500人で17億6000万円

◎祝賀御礼の儀の祝賀パレードで1億2,000 万円

◎饗宴の儀で国内外の賓客を招く宴席で4億6,000万円

◎大嘗祭・国家安寧を願う収穫祭と宴に27億1,000万円

で合計で166億1,000万円になっているようです。

皇室で経費負担という発言もあったようですが負担で国家負担で進められているようです。
“天皇と古事記と神話” の続きを読む

万葉集を知りたい

万葉集

万葉集と元号

万葉集二十巻がほぼ今日見る形で成り立ったのは桓武天皇の初期、天応から延暦にかけての時期(781年~783年)であり、その形成に直接かかわったのが万葉末期を代表する歌人、大伴宿禰家持(おおともしゅくねやかもち)であったと推察されると言われます。

「明確なものとしては日本史上初めて元号の出典が漢籍でなく日本の古典となった」と言われます。

元号は中国の文献から選ばれるのが習わしであったことから、歴史上初めて日本古来の文献である「万葉集」から「令和」と決められたなどで、万葉集に関心が集まっているようです。

“万葉集を知りたい” の続きを読む

元号と万葉集と日本文化

新しい元号は「令和」に決まりました

万葉集から選定され、日本の古文から選ばれたのは、初めてのことと言われます。これまでは中国の古書から選ばれたとのことで、日本の古文から選んだのは現代の時代背景や政権の考え方を反映させたのではないかとも言われますが、その真相は闇の中ですが、知ったところで何の意味を持つのかとも思います。

“元号と万葉集と日本文化” の続きを読む

昭和とテレビと視聴率

昭和の時代

東京オリンピックが開催された昭和の時代は「高度経済成長」の時代でした。現代では想像ができないよう

な忙しい中でも何か夢のある時代だったのかもしれません。現代の夢はどんな夢なのでしょうか。戦後の昭和はどのような時代だったのでしょうか?

東京オリンピック開催がせまり、大阪万博の開催が決まるなど1960年、1970年を思い起すようなことが生まれています。また、平成から次の元号が制定されようとしています。

何か、時の流れを感じますね。昭和を振り返える時「テレビ」は欠かすことのできないものですね。

昭和の時代は家族みんながお茶の間でテレビを見ることが当たり前で、チャンネルの奪い合いがありました。現代では考えられないことですね。当時はまだカラーテレビもなく、リモコンスイッチがないテレビでした。

こうした中でテレビの視聴率もNHKの紅白歌合戦や朝ドラなども80%と50%を超えるような番組も続出していたようです。1963年の紅白歌合戦は80.4%と言う驚異的な視聴率だったようです。現代では20%を超えると高い視聴率と言われるようです。かなりの開きです。

(紅白歌合戦視聴率)

1962年 80.4%

1963年 81.4%

2018年 57.2%

(朝ドラ)

1971年 繭子ひとり 47.4%

1983年 おしん   52.9%

2013年 あまちゃん 20.6%

番組によっては10%を切る番組があり色々と出演者や番組内容でネットでニュースになっています。

サザエさん

 

現在視聴率は昭和の時代と比べて落ちる傾向にあるようですが、情報化が進みスマホの普及など携帯端末広がる中では時代の流れですが、テレビは依然として必要とされていることは間違いないと感じます。

“昭和とテレビと視聴率” の続きを読む

天皇と元号は神話の世界

新元号が制定される

天皇が生前退位となり現皇太子が天皇に即位されることになります。元号は天皇制度の中で元号が制定されることになりますね。

日程は、2019年4月1日に発表されます。5月1日から変わりますね。

新元号は十数個に絞りこまれていると言われます。

元号という文化は中国から渡ってきたものなので、元号の名称は中国の古典から引用されています。

「平成」の由来は、『史記』五帝本紀の「内平外成(内平かに外成る)」、『書経』大禹謨の「地平天成(地平かに天成る)」に由来します。天地、内外とも平和が達成されるという意味を持っていると言われます。

選定は次ようなことが基準とされます。は

①国民の理想としてふさわしいような、よい意味を持つものであること。
②漢字2文字であること。
⓷書きやすいこと。
④読みやすいこと。
⑤これまでに元号または送り仮名として用いられたものでないこと。
⑥俗用されているものでないこと。

とされていますが、さてどのような元号になりますか?あなたの予想は・・・

色々と予想をされている方がありAIでの予想もあるようです。

元号が変わると言うことはカレンダーをはじめ色々なところに影響が出てくることになります。元号について色々な考え方がありますが、あなたはどのように考えますか。元号が変わることは日本にとっては大きなことですね。

昭和や平成は「平和」な世の中を願ってつけられたと言われます。今回の年号も「平和」を願った元号がつけられ、平和な世の中になっていけばと思います。

“天皇と元号は神話の世界” の続きを読む