天皇と古事記と神話

天皇交代は歴史に刻まれる大きな行事

週刊現代に「公文書で楽しむ天皇交代」の記事がありました。式は伝統に基づく色々な決まり事で進められるようです。庶民にはなじみのないことが多くあるようです。

皇室の儀式は引き継がれ、儀式はかなりの経費が使われているようです。どれくらいの経費が使われているのでしょうか。週刊現代によると・・・

◎即位礼正殿の儀の招待客は約2,500人で17億6000万円

◎祝賀御礼の儀の祝賀パレードで1億2,000 万円

◎饗宴の儀で国内外の賓客を招く宴席で4億6,000万円

◎大嘗祭・国家安寧を願う収穫祭と宴に27億1,000万円

で合計で166億1,000万円になっているようです。

皇室で経費負担という発言もあったようですが負担で国家負担で進められているようです。
“天皇と古事記と神話” の続きを読む

アナザースカイと山﨑賢人

アナザースカイもいい番組だと・・・

アナザースカイという番組はいい番組だと思いますね。毎回見ているのではないですが時折見ています。興味深いゲストが登場される時見るようにしています。

アナザースカイは・・・

 

「夢の数だけ空がある」ゲストが世界の何処かを訪れる様子に密着ドキュメント。ご自身のルーツや未来についてお聞きします。そして国内の某所にて、ゲストとロケ映像を見ながら語らうのは、今田耕司と広瀬アリス。

で作られています。

映画「キングダム」の山﨑賢人さんが出演されていましたので見ました。

俳優の山崎賢人さんが紀行バラエティー番組「ANOTHER SKY/アナザースカイII」(日本テレビ系、金曜午後11時)の26日の放送にゲスト出演する。山崎さんは、中国を訪れ、公開中の主演映画「キングダム」を撮影した巨大スタジオへ向かわれ撮影のことを思い出しながら紹介されていました。

撮影場所を見ましたがかなり大きく、馬で駆け抜けたことや戦闘シーンが語られ近年スケールの大きい映画が少なくなっているように思いますので、このようなスケールの大きい映画はいいものだと思いますね。

“アナザースカイと山﨑賢人” の続きを読む

統一地方選挙と立候補者

今年は統一地方選挙にあたります

地域では市会議員選挙が行われ、宣伝カーが走り賑やかになっていますね。選挙も近年では様変わりしています。地方選挙では立候補する人がいなく定員が埋まり無投票当選や定員割が心配されるなどが起きている市町村もあるようです。以前は「我が町、我が村」をどう守るのかなど関心があり地域推薦のそれぞれの候補者が選挙事務種を構えて選挙戦を戦い、ハチマキをした村人が座り、村ぐるみ選挙戦が戦われていました。

選挙になりますと炊き出し(料理)がふるまわれ、中には選挙事務所まわりをして食べ歩きをする輩もいたようです。選挙違反ではありますが票を買うため現金が動くことがあり選挙が終わればどこかの事務所が摘発されることが良くありました。

昭和時代の地方の選挙は現代から見ると活気がある選挙選の一方、現代からは考えられないような地縁、血縁の選挙だっだったようです。「どこどこの村にはお前とこの親戚があるやろ一票だけはもらうように頼んで来い」などと言うような選挙ですね。

また青年団活動の中から候補者が選出されるようなこともありました。

もちろん、選挙は政党も候補者出されて戦って戦われています。

 

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)

統一地方選挙(とういつちほうせんきょ)は、地方公共団体における選挙日程を全国的に統一して実施される日本の地方選挙である。ある一定期間に任期満了となる都道府県や市区町村の首長および地方議会議員について4年に1度(卯年、未年、亥年)実施される。

“統一地方選挙と立候補者” の続きを読む

現代のゴジラ と初代のゴジラ                                                     

「ゴジラ」は日本が誇る巨大モンスター

ゴジラの魅力はどこにあるのでしょうか?巨大怪獣で町を破壊していく破壊神であるゴジラ何か魅力的な存在ですね。そのゴジラも近年はハリウッド映画にもなり世界中で注目される存在になっています。

和暦である元号は5月から「令和」になりゴジラは時代と共に変化していますね。ゴジラは時代を映し出す鏡のようなものかもしれません。

“現代のゴジラ と初代のゴジラ                                                     ” の続きを読む