一人暮らしの食と健康・肉料理

現在一人暮らしの方が多いですね。一人暮らしの良さと問題点を考えて見ました。若い時は気を使わずに自由に暮らすことができるので良いと思う方もありますが、年齢を重ねるてくると色々な心配事も増えてくるようです。

一人暮らしと言っても、夫婦のどちらかが亡くなられ一人暮らしになられた方、結婚をしないで独身生活をされている方、離婚された方、結婚前の若い方などその形態は様々ですね。

一人暮らしで心配事や悩みを抱える方もあるようです。

一人暮らしと言われるときには「孤独」とか「寂しい」と言うようなことが良く言われます。しかし、一人暮らしをが良いと考えられている方も多いようです。

生活も違い、考え方が違いますが、暮らしについて一口に語ることはできないと思います。でも一人生活では難しいこともあり一人生活ならでは考えなければンらないことや工夫も必要になってきます。

食生活も工夫が必要になてきます。外食や惣菜利用などの食や自分で料理する食生活など、仕事や生活スタイルの中で食生活も変わります。一人生活では病気などになると頼れる方がいませんので健康に注意が必要ですね。

健康を維持するためにはやはり毎日食べる食事は大事になってきます。食生活をどのように考えるのかは大事な要素と思われます。

“一人暮らしの食と健康・肉料理” の続きを読む

一人暮らしと高齢者と生きがい

一人暮らしが増えている

一人暮らしはそれぞれの理由がありますね。結婚をしていない、死別したなど一人一人それぞれ違い、ひとくくりで言えるものではないと思います。

日本は少子、高齢化、人口減少の中で増加していくと言われていますが、現在でも一人暮らしの方は多いですね。孤独死と言うのもニュースになり社会問題に浮上したりしています。

一人と言う言葉には孤独と言う言葉がついて回っているようですが、「一人」や「孤独」と言うイメージはどのようにとらえられているのでしょうか?「気楽」とか「寂しい」とか合い反するとらえ方があるようです。

“一人暮らしと高齢者と生きがい” の続きを読む

介護日誌と介護を知る

介護の日々

高齢者介護の日々が続いています。高齢化社会と言われていますが、避けるこいとが出来ないものです。

介護など福祉制度は大事制度ですが、制度は色々な課題山積しているようです。

“介護日誌と介護を知る” の続きを読む

認知症を防ぐ対策ができるのか・週刊東洋経済から知る

高齢化が益々進んでいます。75歳まで働き続ける

「週刊・東洋経済」に「認知症と付き合う」という特集が組まれていました。また色々な雑誌「認知症」についての特集が良く組まれるようになってきました。

長年働き定年が近定年後のはゆっくりと過ごしたいと考えていた時認知症となってしまったというようなことは最悪ですね。認知症について考えてみることにしました。

高齢化が進んできています。日本は高齢化社会の先進国と言われることもあります。高齢者も元気な高齢者であり続ければよいのですが、認知症の高齢者もいますね。

厚生労働省の推計では、2025年に認知症高齢者は約700万人になり、このまま推移すれば1,000万人を超え、高齢者の三人に一人が認知症になることもあり得る話となります。

家族の誰かが認知症となれば介護は大変ですね。私も家族に認知症の家族を抱え苦労をしています。

認知症の予防はそして認知症とどうつきあうのか大きな課題でもありますね。

認知症の対策をすることが医療技術や社会保障制度の整備で対応な状カ況になりつつあると言われますが、「認知症」について今一度考えることが必要かもしれません。

社会保障制度も変わってきましたが。年金額も減額され、年金支給開始年齢ももっと伸びるかもしれません。制度もこれから変わっていくことと思います。

「75歳まで働き続ける」などの声も聞くようになりました。 高齢も元気で働いている人を多く見るようになってきましたね。100歳を超える人も良く見かけます。知っている人で腰は曲がっていますが100歳を超えても田畑で働いておられる姿を見ることもあります。

高齢化社会の進行は社会を大きく変えていくと思います。どんな社会になりますことやらですね。

“認知症を防ぐ対策ができるのか・週刊東洋経済から知る” の続きを読む

母親が腎臓病で入院しました 。人工透析とは何

腎臓機能が悪くなりました

母親は高齢者ですが、腎臓機能が急に悪くなってしまいました。

腰痛があり歩けなくなり入院して、痛み止めの薬を服用していました。どうもこの薬が影響したのかも知れないと疑っています。医者に聞くと否定できないとのことでした。

痛みはだれでもなくしたいものですが、薬に頼らざるを得ないことも出てきますね。しかし、その痛み止めの薬が腎臓を悪くすることもあるようです。

色々な治療には、副作用という問題があるようです。現代は医療技術が進歩したと言われ、確実に進んでいる医療技術ですが、しかし、色々な問題や課題を抱えながら進んでいるのも医療の姿と思います。

“母親が腎臓病で入院しました 。人工透析とは何” の続きを読む

樹木希林さんがなくなりましたね。また個性的人が・・・

優れた役者、樹木希林さんが亡くなりました

樹木希林さんが亡くなりましたね。年を取るたびに味がある演技を見せていただける役者さんだと思い楽しみにしていたので非常に残念ですね。

後がんが全身を転移して亡くなられたようですが、人はいつ死ぬかわからないものですね。

役者人生について聞かれると・・・「役者はなりがかりじょうなった」。

死をどう思うかと聞かれると・・・「死んだことがないのでわからないのよ」

など数々の名言を残されています。

「自然任せで生きていく」「思うがままに生きていく」などの死生観がありますが、そんな生き方はなかなかできるものではないと思いますね。

癌と言う病にかかりながらも役者を続けることは痛みもある中で大変なことだったろうと思います。

自然まかせに、思うがままに生きるということは、けた外れた忍耐がいると思いますね。しかし忍耐と思わない人もあるかもしれませんので、忍耐力についても人それぞれだとは思いますが「忍耐力」は大事だと思いますね。

“樹木希林さんがなくなりましたね。また個性的人が・・・” の続きを読む

介護食を作ってみた・そこから見えるものは?

 減塩食弁当

減塩弁当をつくりました

*ササミのポン酢かけ、サツマイモの煮物、減塩醤油とエゴマ油ドレッシングサラダです。ダシを効かせた料理に仕上げて風味を持たせました。

“介護食を作ってみた・そこから見えるものは?” の続きを読む

介護生活は悩みが多い。どのように行うか?

周りを見渡すと高齢者ばかり

高齢化社会となっています。認知症の高齢者も増えていますね。

人生100年時代などとの言葉も聞くようになってきました。

私たち、いや、私はどのように付き合っていったら良いのでしょうか?

介護にたずさわっている方も多いです。

“介護生活は悩みが多い。どのように行うか?” の続きを読む