断捨離・歴史的価値を見る山岳雑誌・岩と雪とスポーツクライミング

今では古書といえるのかも知れない

1980年代から1990年代の山岳雑誌で、「山と渓谷」「岳人」「岩と雪」が我が家にあります。廃棄しようかと考えましたが貴重な文書もあるようですので、どうしようかと考えています。古書を扱っているところがあるようなので送ろうと思っています。山岳関係の古書を扱う専門店であれば引き取っていただけそうです。

古書は面白いと思います。現代と比較すれば新たな発見もあります。山岳雑誌を整理しながら過去にタイムスリップしています。

古書を読むことは史実を知ることであり、史実を知ることで現代を知り未来を予測することにつながると思います、

山岳1980年代の雑誌を庶んでいると過去、現在、未来につながっていることがわかります。

山登りのはじまりは宗教や信仰との関係があると言われています。新田次郎の小説の「剣岳 天の紀」がものがたっているように思います。

<出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)>

1906年(明治39年)、参謀本部陸地測量部の測量官・柴崎芳太郎に未踏峰とされてきた剱岳への登頂と測量の命令が下った。それは日本地図最後の空白地帯を埋めるという重要かつ困難を極める任務であった。
山麓の山案内人とともに測量に挑んだ男たちは山岳信仰から剱岳を畏怖する地元住民の反発、ガレ場だらけの切り立った尾根悪天候雪崩などの厳しい自然環境日本山岳会との登頂争い、未発達な測量技術と登山装備など様々など・・・

が描かれています。映画化もされています。実に面白い作品ですね。

“断捨離・歴史的価値を見る山岳雑誌・岩と雪とスポーツクライミング” の続きを読む

天皇と古事記と神話

天皇交代は歴史に刻まれる大きな行事

週刊現代に「公文書で楽しむ天皇交代」の記事がありました。式は伝統に基づく色々な決まり事で進められるようです。庶民にはなじみのないことが多くあるようです。

皇室の儀式は引き継がれ、儀式はかなりの経費が使われているようです。どれくらいの経費が使われているのでしょうか。週刊現代によると・・・

◎即位礼正殿の儀の招待客は約2,500人で17億6000万円

◎祝賀御礼の儀の祝賀パレードで1億2,000 万円

◎饗宴の儀で国内外の賓客を招く宴席で4億6,000万円

◎大嘗祭・国家安寧を願う収穫祭と宴に27億1,000万円

で合計で166億1,000万円になっているようです。

皇室で経費負担という発言もあったようですが負担で国家負担で進められているようです。
“天皇と古事記と神話” の続きを読む

孤独を楽しむ暮らし

極上の孤独を知る

「孤独」とは何でしょう。「孤独のグルメ」は久住昌之、作画・谷口ジローによる漫画でドラマとなりますが、面白いドラマですね。こんな生活をして見たいものだと思います。ここには孤独への憧れがあるように思います。

「孤独」につい語られることが多くなったような気がします。孤独について書かれている本は多いようです。五木寛之さんも人生の後半の孤独について書かれていますが、下重暁子さんの自分の生活スタイルから書かれた「極上の孤独」が読みやすく読んで見ることにしました。

なぜ「孤独」に関心を持ったかと言えば私の周辺には男女とも独身の方が多いですし、親戚でも高齢者の一人住まいも多いですね。そんな中でその人たちは本当に孤独なのだろうかと疑問に思うことがありました。孤独を求めている人もあるだろうと思います。

友達がいないと辛いと思う方も多いと思います。

孤独は人によってとらえ方の違いがあるようです。孤独とは寂しいと考える方と孤高というような高い生き方に憧れを持つ方もあるようです。

「孤独」は良く組織やグループのリーダーは「孤独」だと言われることがありますね。そこには孤独と孤独ではない境目が潜んでいるように思います。

下重暁子さんの「極上の孤独」を読んでいて気付いたことがあります。孤独を好まない人と孤独を好む人とがあるようです。孤独を好まない人は他人から自分はどのように見られているのだろうかと絶えず気にしながら人との関係を考えるようです。聖徳太子の言葉に「和を似って貴しとなす」がみんな仲良く、いさかいを起こさないのが良いことであるることが良いこととされています。

この二つだけでなく孤独を考えない。感じない。ということもありますね。自分の生き方や目的で自然に一人となる場合、一人でしなくてはならない場合もあると思います。絵描きさんや作家、スポーツ選手など何かを求める職業の人たちがそれにあたると思います。その人たちは孤独を感じているかと言えば感じていないと思います。

以前、厳冬期の冬山にテント泊をしながら単独で良く登ったことがあります。まったく人と出会わないこともありましたが、孤独とは感じませんでした。目的があれば孤独は感じないと思いますね。孤独を楽しんでいたようにも思います。

“孤独を楽しむ暮らし” の続きを読む